2018年1月ノイタミナでアニメ化 (C)眉月じゅん・小学館/
アニメ「恋雨」製作委員会
(C)眉月じゅん/小学館

写真拡大

 「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館刊)で連載中の、眉月じゅん氏によるラブストーリー漫画「恋は雨上がりのように」のテレビアニメ化が決定した。2018年1月から、フジテレビ「ノイタミナ」枠ほかで放送をスタートする。

 同作は、陸上部のエースだったが、あるできごとを契機に走ることをあきらめた17歳の女子高生・橘あきらと、バイト先のファミレスで店長を務めるバツイチ子持ちの冴えない中年・近藤正己による、切ない恋模様が描かれる。累計発行部数150万部を突破する人気作で、「このマンガがすごい!2016 オトコ編」や「マンガ大賞2016」などにもランクインしている。

 アニメ化決定を受け、原作者の眉月氏は「自分の漫画がアニメ化されることは夢ではなく、目標のひとつでしたが、実際お話をいただくと、まるで夢のような気分です。やったー! みなさんぜひ観てくださいね!」と喜びを伝えた。

 なお、アニメ版公式サイトもオープンし、眉月氏によるアニメ化記念描き下ろしビジュアルが公開された。公式サイトには、同作のイメージである「雨」になぞらえ、アクセスするたびに、季節ごとのさまざまな雨が降るという趣向も凝らされている。