甲府、DF阿部翔平の期限付き移籍加入を発表…千葉から2シーズンぶりの古巣復帰

写真拡大

▽ヴァンフォーレ甲府は11日、ジェフユナイテッド千葉に所属するDF阿部翔平(33)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2017年3月13日~2018年1月31日まで。背番号は「27」に決定した。13日からチーム練習に合流する。

▽阿部は2006年に筑波大学から名古屋グランパスに入団。その後、2014年から2シーズンにわたって甲府でプレーし、2016年から千葉に加わり、明治安田生命J2リーグ33試合に出場した。

▽2シーズンぶりに古巣の甲府に帰還することになった阿部は両クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

◆ヴァンフォーレ甲府

「ヴァンフォーレ甲府に加入することになりました阿部翔平です。山梨の温泉、美味しいフルーツ、そして何より皆さんの暖かい声援の中で再びプレーできることを嬉しく思います。左サイドは任せてください! よろしくお願いします」

◆ジェフユナイテッド千葉

「このたび、ヴァンフォーレ甲府に移籍することになりました。 チームがJ1昇格に向けて一丸となって戦っているこの時期での移籍は、決して簡単な選択ではありませんでした。ジェフユナイテッド市原・千葉で結果を出し、この仲間とともにJ1に昇格をしたいという気持ちもありましたが、一人のプロサッカー選手として、もう一度チャレンジしたいという思いが強く、決断しました」

「ジェフのファン・サポーターの皆さんの応援は私たち選手にとって非常に大きな力です。いつどんなときでも、温かく力強い声援を本当にありがとうございました。 そして、引き続き、ジェフをサポートしていただければと思います。私も陰ながら応援しています。1年少しと短い期間ではありましたが、このチームで皆さんとともに戦い、リーグ通算300試合出場を達成したことは決して忘れません。ジェフを愛するすべての皆さんと、また再会できる日を楽しみにしています」