結婚後に大後悔!? 焦って入籍した女性の「こんなはずじゃなかった」体験談

写真拡大

少しでも若く、そしてキレイなうちに結婚したいと願う女性は多いはず。妊娠・出産のタイムリミットもあるし、早めに…と思うのは自然なことでしょう。

しかし、焦りすぎて、幸せだと感じられない結婚生活を送るのは絶対に避けたいですよね。結婚というものと冷静に向き合えているか、まずは自分自身に尋ねてみてください。

本当に今すぐに結婚すべきなのか、落ち着いて考えるきっかけになれば幸いです。

◆Case1:家族像の違い


結婚したら毎日、わくわく楽しい日々を過ごせるものだと思っていませんか?
でも、中には結婚を後悔している人も…。そんなエピソードをご紹介しましょう。

・「親友たちが若くして結婚したので、私だけ取り残された気分になっていました。30歳を過ぎてから付き合った人と結婚しようと決め、自分でも納得したはずなのに『子どもは欲しくない』と宣言する旦那にイライラする毎日…」(30代前半)

・「夫はにぎやかなのが好きで子だくさんの家庭を望んでいます。でも、私は長男だけで満足していて、それが原因でよくケンカするんです」(30代半ば)

子どもについての考え方は、夫婦それぞれが生まれ育った環境が影響することも多いそうです。ふたりの価値観が合わず、ギクシャクした生活になってしまわないよう、結婚前に確認し合うことが大切ですね。

◆Case2:理想と合ってる?


あなたの気になる人や付き合っている彼は、理想の男性像に近い人物ですか?
結婚した後に「こんなはずじゃなかった!」と思うことも多々あるようです。結婚直前に別れた人の意見も参考にしてみて。

・「前の彼とは3年付き合いましたが、煙草を吸ったり飲み会によく行ったりするのが苦手で別れました。年齢的に結婚したかったけど、将来を思うとグッとこらえてよかったです」(30代前半)

・「彼のダメなところは自分が補えばいいかなと思ったのですが、女性関係が不安でプロポーズを断りました。旦那さんの不倫が原因で離婚した友達の意見も参考になりました」(30代後半)

嫌なところは目をつむって、良い点だけを見ようとするのもいいでしょう。でも、見過ごせそうにない部分は、我慢していても報われないはず。
離婚を経験した知人が「好きだからごまかせてた欠点が、最終的に離婚の原因になった」と話していました。焦らず冷静に判断することが大切ですね。

◆Case3:あなたの人生それでいい?


せっかく結婚したいと思う人に出会えても、ゴールインしなかった女性もいます。人生をガラッと変える可能性が高い結婚が、いかに大きなイベントであるかというのがわかるかも。

・「彼からのプロポーズと会社での昇進が重なり、本気で自分の人生について悩みました。結局、転勤族の彼との結婚によって苦労して得た職を失うのが怖くなり、彼を選ぶことはできず…」(30代前半)

・「旅行好きなので、1年に2回は海外旅行に出かけています。もし元カレと結婚したら、私は彼の土地へ移り住んで、収入があまり高くない彼をパートで支えることになります。大切な趣味である旅行もできなくなるんだなと思うと悲しくなりお別れしました」(20代後半)

築き上げてきたキャリアや生きる原動力になる趣味は、結婚してもできれば変えたくないもの。どちらかを選ばなければならなくなったとき、あなただったらどうしますか?

◆終わりに


結婚は、人生を大きく左右する出来事のひとつ。焦って結婚し、自分の気持ちに嘘をつくことになったら…、それは本当に幸せと言えるのでしょうか?
自分が大切にしたいものに優先順位をつけたり、絶対に失いたくないものを再確認したりすることが必要ですね。

場合によっては、キャリアや出産といった時期的なことなど、様々な事柄を天秤にかけなければならないシーンもあるかと思います。でも、じっくり考えれば、必ず納得する答えに巡り合えるでしょう。
どっちに転んでも、最高の幸せをつかめますように!

ライタープロフィール


sacchi
異色の経歴をもち、現在は一児の母とピアノ講師、ハンドメイド作家をかけもちするライター。音楽、美しいものや可愛いもの、綺麗な景色などが特に好きで、何にでも好奇心旺盛なアラサー女子です。人やものとのさまざまな出会いの中で、さらに人間を磨いて日々精力的に活動中。