写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の石田ゆり子が、関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(4月11日スタート、毎週火曜21:00〜21:54)に出演することが12日、明らかになった。

このドラマは、『SP』シリーズなどの金城一紀氏が脚本を務め、小栗旬を主演に据えて5年前から構想を練ってきた作品。小栗演じる稲見朗、西島秀俊演じる田丸三郎ら公安機動捜査隊特捜班の活躍を描いていく。

石田が演じるのは、眞島秀和演じる林智史の妻・千種。智史は、田丸の手引きによって新興宗教団体に出家信者として潜入し、公安の協力者として諜報活動を行っているが、智史が家を空けて2年がたち、千種は自分を支え続けてくれる田丸と、禁じられた関係になっていく。

これまで、西島と婚約者や夫婦を演じてきた石田は「動きがあまりなく、精神的に微妙な距離を保った中での共演だったので、"気持ちの筋肉"を使いました」と表現。また、西島に対して、「笑った顔が子犬のように可愛くて…なんだかもうズルいですよね、ズルい!(笑)。これからも仲良くしていただきたいです」と語っている。