長生きに必要なのは、バランスのとれた食事に健康的な生活、充実した医療サービス、さて、それから…? コスモポリタン イギリス版によると、ある最新の調査で、意外だけど納得の事実が明らかになったよう。

このたび、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究者により、高齢者においてはしばしば孤独が寿命の長さに大きな影響を持つことが判明したのだとか。研究には、平均年齢71歳の成人1600名が参加し、それぞれの社会経済的地位や健康状態を加味した上で調査が行われたものの、それでも"孤独を感じている人ほど高い死亡率を示す"という結果に。孤独を感じている参加者の23%が研究開始から6年の間に亡くなった一方で、適度な人付き合いのある人々の死亡率は14%にとどまったとのこと。

「人間に必要なもの(自分のことを知っていて、評価してくれて、喜びをもたらしてくれる人)は、人生を通して変わらないのです」と、<ニューヨーク・タイムズ>紙に話すのは、マサチューセッツ総合病院の上級高齢者向けソーシャルワーカー、バーバラ・モスコウィッツさん。

年配の人々はこうした友人関係を大変重視していて、友達に対しての方が、子どもや孫に対してよりもずっと寛大になれるそう。バージニア工科大学の人間開発学教授であるローズマリー・ブリーズナーさんが同じく<ニューヨーク・タイムズ>紙に語ったところによると、これは私たちの両親や祖父母たちが人生をかけて磨き上げてきた、人間関係におけるコミュニケーションスキルに関わっているのだとか。

「彼らは若い人々に比べて、友人の欠点や不可解な行動に対してもかなり辛抱強いのです」とブリーズナー教授。「年を重ねると、友人関係にそれまでの多くの経験が反映されます。問題にすべきことと、そうでないことがわかってくるのです」。

となると、私たちの役目としては、年配の家族や親戚を家に呼ぶ以外に、彼らに友達づきあいをすすめるのが重要、ということに。

もっとも、私たちにとっても、両親や祖父母とのつき合いはありがたいもの。彼らが毎日の生活に必要な人付き合いや会話を楽しむ一方で、私たちは彼らの生きた経験を聞くことができるし、さらには、秘伝のレシピなんかも教えてもらえるわけだから!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

COSMOPOLITAN UK