V6

写真拡大

 3月15日にリリースされたV6の最新両A面シングル『Can’t Get Enough/ハナヒラケ』。「Can’t Get Enough」は、これまでシングルにはなかった洗練されたダンスビードな曲調。今だからこそ魅せられる大人の色気を感じさせる作品だ。デビュー20周年を経て、さらに進化を続けるV6について、芸能ライターの佐藤結衣氏に聞いた。

(関連:V6 三宅健が明かした、森田剛&井ノ原快彦の素顔 『タッキーの滝沢電波城』で奔放トーク

「今回のシングルは、まさにV6の魅力がギュッと凝縮された作品に仕上がっていますね。舞台、映画、バラエティ……などソロとしてもマルチな活躍を魅せているV6ですが、やはりグループとしての真骨頂はダンス。本作の振り付けは、国内外を問わず有名アーティストに才能を認められたs**t kingzのkazukiさんが手がけています。脚をすべらせ、身体全体を滑らかに動かし、腰を振るなどセクシーな動きがシンクロするパフォーマンスは見応え充分。揃っていてほしいところはキッチリと調和がとれているのに、一人ひとりを見ると眼差などにしっかりと個性も感じられるのが、V6ならではのダンスの魅力でしょう。しかも『ジャニーズweb』で連載している三宅健さんのブログによれば、振り付けをして2日後にはMVの撮影だったそう。まさにプロですね」

 一方、「ハナヒラケ」は笑顔溢れる応援ソング。MVも、メンバーがおそろいのつなぎの衣装で、インクにまみれたり、アニメーションの中で飛んだり跳ねたりと、微笑ましい。

「シックな色気たっぷりのダンスで魅了したかと思いきや、アラフォーとは思えない少年たちのようなかわいらしさも生み出せる。この振れ幅こそ、V6が20年で培ってきた実力なのではないでしょうか。通常盤に収録されているカップリング曲の『足跡』や『MANIAC』も全く違うテイスト。コンサートの終盤やアンコールにぴったりだな、なんて想像を掻き立てられるラインナップです。先日、ラジオ番組『ディア・フレンズ』(TOKYO FM)に、坂本昌行さんと三宅さんがゲスト出演されたとき、坂本さんがコンサートについて“昨年できなかったので、今年は6人が合う時間を設けたい”と発言していました。ソロの活動も充実しているだけに、なかなかスケジュールが合わないのだと思いますが、今年こそはと期待が高まります」

 『Good Time Music』(TBS系)の3月14日放送回でV6が登場した際にはファンが「20周年イヤー以降、わちゃわちゃ写真が増えてきた」と分析。井ノ原快彦は「大人になって要求に応える余裕が生まれてきた」と回答しながら「おじさんのイチャイチャが売れるらしい」などと笑いを誘っていたが、確かに近年のV6は仲の良さが再認識されている印象だ。

「年長組である20th century(通称:トニセン)の坂本昌行さん、長野博さん、井ノ原さんが早期に大人の余裕を身につけて、年下組ComingCentury(通称:カミセン)の森田剛さん、三宅さん、岡田准一さんの成長を見守ってきたところがあります。どんな曲でも踊れる、どんな歌でも歌える、どんな場面でもトークを返せる……そんな対応力を身につけたトニセンを見ながら、ノビノビと育ったカミセン。それぞれに個性を伸ばしていくことができたのは、そんな絶妙なバランスがV6にはあるからではないでしょうか。『Good Time Music』では、デビュー10周年を記念して6人で北海道へ旅行したときのVTRがオンエアされていました。坂本さんが涙ながらに語った“これからもずっと一緒に楽しみましょう”という言葉は、今のV6の軸となっているのでしょう」

 “今”を楽しむ余裕が、V6を唯一無二のグループへと進化させている。今夜の『Mステ』(テレビ朝日系)では、きっとトークの部分でわちゃわちゃな仲の良さを、「Can’t Get Enough」のパフォーマンスでは実力派アイドルとしての力量を存分に見せてくれることだろう。(竹上尋子)