歯周病と聞いたら歯が悪いのかな?歯磨きしておけば問題ないだろう。こう思っている方が少なくありません。歯周病と虫歯は混同されがちですが、単なる虫歯でもありませんし、歯が痛いだけで済むようなものでもありません。歯周病は口内環境の悪化だけでなく、放置しておくと重大な病気を招きかねないものなのです。そもそも歯周病とは何なのか、そして歯周病が招いてしまう病気について紹介したいと思います。ただ歯が痛いだけでは済まない歯周病とは何なのでしょうか。

歯の周りの病だから歯周病

歯周病という名前をよく見ると、歯の周りの病となっていますよね。このネーミングどおり歯周病とは、歯の周辺組織に起こる病のことなのです。具体的には歯肉・歯根膜・歯槽骨が細菌による感染を起こした状態となります。ちなみに歯周病は生活習慣病の1つとしても数えられています。口内環境が悪くなる、菌が発端で感染を起こす、という意味では虫歯と変わりませんが、歯周病には重篤な病気を招く要因の1つとしても注目されており、絶対に放置しておくべきものではないのです。

歯周病が招くのは痛みだけではない

歯周病は歯や歯茎の痛み等だけでなく、重大な病気までも招いてしまいます。歯周病の病原菌となる菌には、動脈硬化へと導く危険因子があります。歯周病の病原菌により動脈硬化がもたらされると、更に危険な脳梗塞、心筋梗塞といった病に繋がります。更に歯周病で炎症した部位で生み出される物質が、インスリンのコントロールを阻害することで、糖尿病になるリスクも高めていると言われています。糖尿病となると様々な重大な合併症を引き起こすことになります。このように歯周病は、様々な重大な病気を引き起こしてしまうのです。

歯周病を防ぐには

歯周病を防ぐには、毎日の入念なオーラルケアが非常に重要になります。歯や歯間だけではなく、歯茎や舌のケアも忘れてはなりません。定期的に歯医者を受診し、歯石も除去してもらうことをおすすめします。今では歯周病対策の歯磨き粉や、口内の殺菌に効果的なデンタルリンス等が販売されています。入念なオーラルケアの最後のダメ押しの一手として利用してみるといいでしょう。適切かつ入念なオーラルケアが、わたしたちを歯周病や重大な病気から守ってくれることでしょう。


writer:サプリ編集部