写真提供:マイナビニュース

写真拡大

11日に放送されたフジテレビの番組『新・週刊フジテレビ批評』(毎週土曜5:00〜6:00)で、4日に同局系で放送された映画『アナと雪の女王』のエンディング流した、主題歌を歌う動画について、視聴者からの賛否の意見が紹介された。

『アナと雪の女王』のエンディングでは、視聴者から募集した主題歌「Let it go」を謳う動画を放送。これに対し、まずは20代男性から寄せられた「DVDとは違い、視聴者とテレビの一体感があり良かったと思う」という好評の意見が紹介された。

一方で、20代男性からの「エンディングをにぎやかにしたい意図も理解できるが、余韻を味わう暇がないように感じる。オリジナルのエンディングを流してから合唱を流せなかったのか」、20代女性からの「アナやエルサが歌う場面に歌詞が出て見にくかった。エンディングもとても大事だと思うので、一気に冷めてしまった。一緒に歌う企画は、ディズニー特集でやればよかったと思う」という批判意見も紹介。

また、「エンディングに批判が殺到しているようだが、この企画は以前から告知していたので批判する意味が分からない。それより音声が入っていた参加者と入ってない参加者がいたのがおかしい」(20代女性)、と、別の角度からの意見があったことも報告された。

同番組で紹介する視聴者意見は、通常、賛否一件ずつだが、今回は計4件を放送で取り上げており、多くのさまざまな意見が寄せられたようだ。