アジャストメント(adjustment=適応)――。テニスにおいてそれが重要だと、多くの選手たちが頻繁に口にする言葉だ。

 毎週のように世界各地を転戦し、異なる国、異なる町、そして異なるコートで戦うテニスプレーヤーたちには、さまざまな面での適応力が求められる。


開幕前の「インディアンウェルズ・プレビュー」で笑顔を見せる錦織圭 試合中に相手のプレーに対応すること。あるいは、異文化のなかで経験するスタジアムの雰囲気に慣れること……。

 2月にアルゼンチンとリオのクレー2大会を戦った錦織圭にとっては、悩みの種は「サーフェス(コートの状態)への適応」だった。

「バウンドが悪く、イレギュラーが多かったり、足もとが滑りにくかったり。あのコンディションのなかではよく戦ったかな、というのはあります」

 リオオープンでの初戦敗退から、約10日後――。インディアンウェルズ・マスターズの会場を訪れた錦織は、南米での戦いをそう振り返った。

「確かにブラジルやアルゼンチンコートは、欧州のクレーとは少し違う」

 錦織のコーチに就任して7年目になる、アルゼンチン人のダンテ・ボッティーニも証言する。「特にブラジルのクレーは、アルゼンチンとも大きく違う。かなり滑りづらい土だった」。

 ただでさえ癖のあるアルゼンチンのサーフェスになんとか慣れ、決勝まで勝ち進んだ直後に移動したリオのコート。そのリオの初戦で当たったのは、地元ブラジルのトマス・ベルッチ。独特なコートで、ベルッチの応援一色に染まるスタジアムで戦った錦織は、種々の環境へのアジャストに苦しみ、初戦で敗れた。

 それらの苦い経験を生かすことを、錦織は胸に期す。

「もちろん落ち込みはありましたが、アルゼンチンからリオへのアジャストが難しかったこともあり、そこまで引きずるようなことはなかったです」

 リオからすでに気持ちを切り変えた彼は、新たな環境にアジャストすることに主眼を置いて、インディアンウェルズで練習に取り組んでいる。開幕戦を3日後に控えた木曜日にも、2度の試合形式の練習を終えた後に、克服しておきたい課題が見つかったのだろう。マイケル・チャンとダンテの両コーチをともない、次の練習コートへと直行する錦織の姿があった。

 砂漠地帯に広がるインディアンウェルズの町では、湿度は極端に低く、日中の陽ざしは容赦なく肌を焼く。そのような状況下のテニスでは、多くの選手がロブなどの高いボールの処理に戸惑うという。

 乾き切った空気のなかを浮遊するボールは、周囲に風力発電所が立ち並ぶこの地域特有の強風にもあおられ、予測不能な揺れ方をする。もちろん日中の場合は、まぶしい陽光が目にも入る。その困難な環境に慣れるべく錦織は、チャンが高々と打ち上げたボールを繰り返し、繰り返し、スマッシュで叩き込み続けた。

 ここインディアンウェルズのマスターズでは、過去13年間のうち、実に12大会までの優勝をノバク・ジョコビッチ(セルビア)、ラファエル・ナダル(スペイン)、そしてロジャー・フェデラー(スイス)の3選手が独占してきた。加えて今年は、世界1位のアンディ・マリー(イギリス)も初優勝への大きな手応えを感じている。

 それら経験豊富な4選手が優勝候補の筆頭に挙げられる現状を踏まえて、錦織は言う。

「アンディとノバクのおかげで、テニス界そのもののレベルが高くなっている。僕たちにとってはタフな状況にはなるが、テニス界としてはいいことだし、自分も正しい方向に進んでいると思っている」

 また、今年の全豪オープンで決勝を戦ったフェデラーとナダルについても、「彼らがまたトップレベルに戻ってくるのはうれしい」と、完全復活を歓迎した。

 錦織はインディアンウェルズに過去8回出場し、最高成績は昨年のベスト8と、この大会をやや苦手とする。その困難なサーフェスや気象状況、そしてフェデラーやナダルが復調し、ふたたび変動するテニス界の勢力図にもアジャストしながら、シーズン序盤戦のクライマックスへと錦織は向かっていく。

■テニス 記事一覧>>