ヤマハからGDR155が登場し、通勤最速マシンの座を揺るがされている(と筆者が勝手に思っている)、ホンダの「PCX」「PCX150」に、新たなカラーバリエーションが追加されましたのでご紹介します。

2010年に発売が開始され、歴史のあるマシンというワケではないのですが、これほど支持されている理由はたくさんあるようですね。

■クリッパーイエロー

1

■キャンディーロージーレッド(ツートーン)

■ポセイドンブラックメタリック(ツートーン)

※画像は全て「PCX150」です。カラーバリエーションは「PCX」と共通です。

今まで単色の白・黒の印象が強かったPCXシリーズですが、鮮やかなイエローやオシャレなツートーンのバリエーションにより、さらにPCX人気が出るのではないでしょうか。

もちろん従来の「パールダークアッシュブルー」「パールジャスミンホワイト」「ポセイドンブラックメタリック」もラインナップされています!

通勤に使うにもツーリングに使うにも、新しいカラーリングならこれまで以上にやる気が出るでしょう!

小型スクーターで通勤もツーリングもしたいとなればPCX一択、というインプレをよく見ますが、なぜこれほどまで人気なのかを少し探ってみました。

8Lの大容量ガソリンタンク、14インチのタイヤによる安定性、125ccや150ccと思えないシャープなフォルムなど、挙げれば良い点はキリがないですね!

さらに、この記事を書く際に知り合いが「PCXは125ccの現行車種のなかで一番良くできてます!」と激推ししてきたので、もう少し聞き出すことにしました。

スポーツ走行を「楽しめる」というより「楽しい」と言ったほうが正しいのでしょうか。

話を聞いた知り合いは「バンクさせているところから無理やり二次旋回まで自分の感覚で持って行けるマシン」と言っており、これを筆者が自分の頭の中で勝手に変換しました。

つまり、素人でも扱いやすい12馬力(PCX150は14馬力)というのがちょうど良く、実はストレスなく楽しいライディングができてしまう設計がされており、ブレーキやサスペンションも考えて作られている、というのがこのマシンの特筆すべき点なのではないでしょうか。

PCXシリーズはスポーツ走行を楽しめるのはレーサーレプリカやスポーツネイキッドだけではないということを気づかせてくれるマシンですね。

「PCX」「PCX150」の発売日は2月10日(金)から始まっており、メーカー希望小売価格は以下の通りです。

PCX 329,400円(消費税抜き本体価格 305,000円)
PCX(ツートーン) 340,200円(消費税抜き本体価格 315,000円)
PCX150 360,720円(消費税抜き本体価格 334,000円)
PCX150(ツートーン) 371,520円(消費税抜き本体価格 344,000円)

(ライター:駒月麻顕/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

なんでもできちゃうスクーター・ホンダ「PCX」「PCX150」にニューカラーが追加!(http://clicccar.com/2017/03/12/442496/)