「気合いという部分」もスキンヘッドにした要因という吉田。広島戦では、まさに気持ちのこもったプレーで完封に貢献した。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1・3節]鳥栖1-0広島/3月11日(土)/ベアスタ
 
 鳥栖が今季初勝利を掴んだ要因のひとつは、広島の猛攻を受けながらも無失点に抑えた守備陣の踏ん張りがあったことだろう。
 
 そのなかでひと際まばゆい存在感を示していたのが左SBの吉田豊だ。この日、スキンヘッドにして臨んだ吉田は、対面するミキッチに突破を許さず、ほとんど仕事をさせなかった。相手の進路を読み、的確なタイミングと角度で相手に身体をぶつけてボールを奪い取るディフェンスは実に見事で、対人の強さを改めて証明した。
 
「あまり早く食いつきすぎない。ミキッチ選手はその裏をかいてくるので、飛び込まずに相手が勝負をしかけてくる時にしっかりと見極めて、冷静に対応できた」
 
 終盤に投入されたA・ロペスのテクニカルなドリブルと強靭なフィジカルに対しても「選手によって対応の仕方が変わる。そのなかで慌てずにしっかりと抑えられた」とうまく対応。その働きぶりにスタジアムでは観客から何度も拍手が送られた。
 
 気持ちのこもった守備は「自分の良さ」だと話す吉田が、頭をスキンヘッドにしたのは2節・川崎戦の翌日だという。「自分で剃りました。特に理由はないですけど、こっちの方がしっくりくる。そろそろ暑くなるというのもありますし、あとは気合いという部分」と、その経緯を語った。
 
 気合いを入れ直して臨んだその広島戦で今季初勝利。「別に坊主にしたから変わるというわけではないですけど、ひとつの形として爐發Π豌鷭蘓瓦北瓩辰董蹐箸いΔ海箸發△辰燭里如そういうところがしっかりプレーにも表われたかなと思います」と勝点3獲得に喜びを露わにした。
 
 それでも「無失点で終われたのは良かったですし、これを継続していかなければいけない。でも今回は2本くらい危ない場面もありましたし、それを運任せだったことにして終わらせることが一番良くないので、“一歩寄せる、半歩寄せる″というところをもっと突き詰めていかないと」と反省も忘れない。
 
 熱さと冷静さを持ち併せる吉田の巧みな対人戦術に、より一層注目したい。
 
取材・文:多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)