全席指定でゆったり休日の利用や平日の通勤通学にも

写真拡大

西武鉄道、東京地下鉄、東京急行電鉄、横浜高速鉄道は、利用者の着席ニーズの応え2017年3月25日から、西武秩父〜元町・中華街間などで有料座席指定列車「S-TRAIN」を運行する。

時刻・指定料金は気軽に利用しやすいよう設定

西武鉄道新型通勤車両「40000系」を使用。土休日は「西武秩父〜元町・中華街(横浜高速みなとみらい線)」間、平日は「所沢(西武鉄道)〜豊洲(東京メトロ有楽町線)」間で運行する。

停車駅・運転時刻・指定料金は、土休日の外出や平日の通勤・通学に気軽に利用しやすいように設定されているという。

「S-TRAIN」の愛称は様々なシーン(Scene)に、全席指定でゆったりと快適に座れる座席(Seat)で、乗り換えのない(Seamless)直通運転の便利さを実現する「S」に想いを込め名付けられた。

ロゴマークは秩父の豊かな自然を表現した「グリーン」、みなと横浜の爽やかな海を表現した「ブルー」、渋谷、豊洲の都市の先進性やシャープさを表現した「グレー」の3カラーで当列車の走行する区間の目的地をイメージ。S-TRAINの頭文字である「S」をシンボリックにロゴマークにあしらった。

なお、指定券は17年3月18日に発売開始。