田坂和昭監督は記者会見で涙を流し、胸の奥から言葉を絞り出すように福島への想いを語った【写真:舩木渉】

写真拡大 (全2枚)

震災から6年。「3.11」開幕戦への特別な想い

 福島ユナイテッドFCは、3月11日という特別な日に2017年のJ3開幕戦に臨んだ。東日本大震災から6年。被災地に本拠地を置くクラブとして果たすべき役割とは、そして復興のためにサッカー界にできることとは。監督や選手たちの熱い想いを受け取り、「3.11」とその後について改めて考えさせられる一戦となった。(取材・文:舩木渉)

--

「私の今までの選手時代も監督経験の中でも、本当に今日は勝ちたい試合で、いままでにはなかった」

 福島ユナイテッドFCの田坂和昭監督は、目に涙を溜め、何度も言葉に詰まりながら、一言一言力強く絞り出すように話した。

 3月11日、というのは福島ユナイテッドFCにとって特別な日だ。もちろんそれは6年前の「東日本大震災」と「福島第一原発事故」のことを意味する。

 そんな1年に一度の特別な日に、2017年のJ3リーグの開幕戦が組まれた。結果は2-0でYSCC横浜に勝利。田坂監督や選手、クラブ関係者、サポーターの「何としても勝つ」という想いが実った。

 2011年当時、まだ東北リーグ1部所属だった福島ユナイテッドFCの運命は東日本大震災によって大きく変わった。被災から約1ヶ月後にチームの活動を再開するにあたって7人の選手が退団を決めたため、紅白戦すら難しい人数となり、コーチだった2人を選手登録してリーグに参戦。

 それでも福島第一原発から漏れ出した放射能などの影響でホームゲームは福島県内で開催できなくなり、苦しい戦いを強いられた。だが、福島県内6クラブのうち5クラブがリーグ戦参加を断念する中、唯一茨の道を歩む決断をした福島ユナイテッドFCは開幕から10連勝を達成する快進撃を見せ、東北1部初制覇を果たした。

 2012年、東北1部連覇を成し遂げた福島ユナイテッドFCは、全国社会人サッカー選手権大会と全国地域サッカーリーグ決勝大会でともに準優勝。翌年はJFLに参戦し、2014年からは新設されたJ3に戦いの場を移している。

 これだけを見れば順風満帆に見えるが、2002年にFM福島のアナウンサーだった横田篤氏がJリーグ参入を目指して「福島夢集団」を設立してから、福島ユナイテッドFCは十余年の歴史の中で、震災だけでなくクラブ名の変更や運営会社の経営難など幾多の苦難を乗り越えてきた。

田坂監督が見せた涙。福島のクラブを率いる覚悟

 そして迎えた2017年のJ3開幕戦。シーズン初めの重要な一戦は、奇しくも福島県にとって特別な意味を持つ「3月11日」に組まれた。

 この日が持つ意味を問われた田坂監督の目には涙が浮かび、その口からは熱い想いがあふれ出た。

「まずこの日にちに開幕を迎えるということで、すごく自分の中で考えさせられました。なぜかというと、私は実際、震災に遭ったわけではないです…けど…いろいろな人に福島の話を聞いたり……スタッフの中でも(被災した人が)います。選手にもいます…すみません…(涙で言葉に詰まりながら)。

そういう中で開幕戦を迎えるということで、何としても勝たなければいけないなと。もちろん今のユナイテッドを支えてくれているスタッフの中で、苦しい思いをして今日まで支えてくれた人もいます。私の今までの選手時代も監督経験の中でも、本当に今日は勝ちたい試合で、いままでにはなかったんじゃないかと」

 田坂監督は広島県出身で、プロ選手としてはベルマーレ平塚(当時)や清水エスパルス、セレッソ大阪でプレーした。指導者として大分トリニータや古巣の清水を率いた経験を持つが、東北地方に縁はない。今季初めて福島の地でJリーグのクラブを指揮することになった。

「シーズンまだ最初なんですけど、この一戦にかける思いには並々ならぬものがありました。私自身も本当に、何度も言いますけど、私は震災に遭っていないですけど、福島に来た限りは福島の人間だと思っていますので、この試合に勝てたことはうれしく思います。今日みたいな気持ちを前面に出して今シーズンを戦えたらと思います」

 まだ福島で指導をし始めて2ヶ月ほどにもかかわらず、「福島に来たら福島の人間だと思っています」と話す田坂監督の顔からは相当な決意と覚悟がうかがえた。被災地のクラブが果たすべき使命を心に刻んで戦っている。

「福島も絶対に立ち上がって復興できる。その力になりたい」

 それは選手も同じだ。サンフレッチェ広島やヴィッセル神戸で250試合以上に出場し、2015年から福島ユナイテッドFCでプレーする茂木弘人は、地元の福島県福島市出身ということもあり「3.11」の開幕戦に特別な想いを抱いて臨んでいた。

「(福島は)生まれ育った街ですので非常に思い入れはありますし、特に今日、『3.11』に開幕ということも特別だと思います。そういう意味では自分自身非常に気持ちも入っていました。チームとしても戦えていたのではないかと思います」

 22年前に阪神・淡路大震災を経験した神戸と6年前に東日本大震災を経験した福島、2つの都市でプレーした茂木だからこそ見えているものもある。

「神戸も震災のあった街で、神戸の街は復興して本当にきれいなな街になりました。そういう前例もありますし、福島も絶対に立ち上がってしっかり復興できると信じています。その手助けというか、力に少しでもなれたらなという思いはあります」

 リーグ戦開幕直前には、クラブの鈴木勇人社長をまじえて被災地に本拠地を置くクラブとして果たすべき役割やこれまでの歩みなどを改めて確認した。選手間でも「3.11」という日が持つ意味を共有した。

 2009年から福島ユナイテッドFCに在籍し、震災当時を知るGK内藤友康は「こういう日に福島のチームでサッカーができるというのは幸せなことだなと思いますし、福島のチームである以上、それが使命というか、明るいニュースだったり、元気になれるニュースを届けるのが僕らの役目です。そういう他のチームとはまたちょっと違った役割が福島にはあるのかなと思います」と語る。

 震災直後の「放射能の高い数値が出ている中で(サッカーを)やっていて、目に見えないものだったので、感じないといえば感じないし、気にしちゃえば気になるし、というなかなか難しい状況」から立ち上がったからこそ、内藤が抱く福島への想いは強い。

いつか花咲く日まで。福島ユナイテッドは種を蒔き続ける

 福島ユナイテッドFCが、被災地となった地元のために果たすべき役割とは何か。初めての「3.11開幕戦」を経て、内藤だけでなくクラブ全体が同じ想いを共有している。

「やはりまだまだ復興にはいろいろ(必要)なことがあると思いますし、私が福島で実際に見てみてもまだまだ整備しなければいけないし、まだまだ苦労している人がたくさんいるなというのを感じます。けど、我々にできるのは本当にサッカーを通じて、そういう被災地の人であったりとか、心に痛みを持っている人たちに勇気を与える、喜びを与える、少しでも笑顔にしてあげることなので、今シーズンは本当にひたむきに戦おうと。上手い下手関係なしにそういう人たちに勇気を与えることを、サッカー界でもやっていければ、そういう人たち(被災者の方々)のためにもなると思います」(田坂和昭監督)

「もちろん(福島は)生まれ育った街で、特別な思いはあります。震災があった街ですし、スポーツの力で福島という土地を盛り上げていければいいかなと思っています。自分ができることはそういうことかなと思っています」(茂木弘人)

 毎年、この時期になるとテレビなどで震災関連のニュースが増えて「3.11」について考えさせられる。スポーツの力は目に見えないが、人々を笑顔にすること、子供たちに夢を与えること、日々の生活のエネルギーになること、そういったポジティブな影響は確実に存在する。それを福島ユナイテッドFCは日々の活動で証明し、これからもずっと続けていく。

 取材を終えて自宅の最寄駅で電車を降りると、どこからかNHKが制作した復興テーマソング『花は咲く』が聴こえてきた。この曲を耳にすると、いつも一生忘れないであろう6年前のあの日を思い出す。福島のみならず、東北地方の復興はまだ道半ばだ。

 本当の意味で“復興”と言える日は、まだまだ先のことかもしれない。それでもいつか花を咲かせ、実りの日を見るまで、福島ユナイテッドFCは笑顔の種を蒔き続ける。

(取材・文:舩木渉)

text by 舩木渉