11日、中国メディアの人民網が、日本人女性が日本社会の中で実際にどのような待遇を受けているのかについて紹介する記事を掲載した。資料写真。

写真拡大

2017年3月11日、中国メディアの人民網が、日本人女性が日本社会の中で実際にどのような待遇を受けているのかについて紹介する記事を掲載した。

記事は、世界経済フォーラム2016年版の「ジェンダー・ギャップ指数」で、日本は111位であり、他国と比べて男女不平等の問題が深刻な国だと指摘。特に男女の所得格差が大きく、日本社会における女性の地位は低いとされていると伝えた。

しかし記事は、最近では男性の方から、女性は男女平等の声をあげていないとの不満の声が出ていると紹介。その一例がプリクラだ。記事は、ある年配の男性が、孫の男の子がプリクラを撮りたいということで来たものの、女性専用の表示を見てあきらめるほかはなかったという例を紹介した。

また、居酒屋やレストランなどのトイレは、女性専用と男女共用となっていると指摘。女性の方がトイレが長く順番待ちをしなければならないケースが多いことは認めつつも、多くの年配の男性は間違って入るかもしれず困惑気味だと伝えた。

さらに、多くの店で実施しているレディースデーや電車の女性専用車両についても言及。少なからぬ男性が、女性にだけ優遇するのはおかしいと感じており、なぜ「メンズデー」や「男性専用車両」がないのかとの不満が出ていると伝えた。記事は、痴漢冤罪防止のために男性専用車両を設けるのは理にかなっているように思えると結んだ。(翻訳・編集/山中)