「iPhone8」は、グラフィックス処理性能が大幅に進化する可能性があります。iPhoneシリーズにGPUを供給している英Imagination Technologiesが、PowerVR Furianアーキテクチャの性能向上版を発表しました。

「iPhone8」でのARや顔認証の実現に重要なGPU

新たに発表されたGPUは、処理性能を示すGFLOPSは35%向上、命令処理能力を示す入出力密度は80%も向上しており、2017年中盤に新アーキテクチャを採用した製品が発表される予定です。
 
Appleのティム・クックCEOは最近、仮想現実(VR)よりも拡張現実(AR)に強い関心を示す発言を繰り返していることから、「iPhone8」にAR技術を活用した機能が搭載される可能性はありそうです。
 
また、KGI証券の著名アナリスト、ミンチー・クオ氏が「iPhone8」はフロントにデュアルカメラを搭載し顔認証を行なうと予測しているほか、Appleが顔認識技術に強みを持つRealFaceを買収しており、顔認識の精度向上に関する特許を申請していることから、顔認証の搭載も有力視されています。
 
これらの新機能を実現するために、新しいPowerVR Furianアーキテクチャは重要な役割を果たすとみられます。

iPhone7/7 PlusにもGPUを供給の一方でAppleへの身売り説も

Imagination Technologiesは、初代iPhoneからGPUを供給している有力サプライヤーで、最新モデルiPhone7/7 Plusにも、PowerVRのカスタマイズ版GPUが搭載されています。
 
しかし、Appleへの依存度が高いことが災いし、昨年3月にはiPhone出荷台数低迷による業績悪化のため社員350名を解雇する大規模リストラを行ったほか、AppleはImagination Technologiesから経営陣を含む人材を多く引き抜いており、同社を買収しGPUを自社開発する計画があるのではないか、とも報じられています。
 
 
Source:Tom’s Guide via BGR
Photo:YouTube
(hato)