写真提供:マイナビニュース

写真拡大

映画『キングコング:髑髏島の巨神』(3月25日公開)で、日本語吹替版キャストが"最強怪獣"を選ぶ映画館限定の映像がこのほど、公開された。

11日より松竹マルチプレックスシアターズ(MOVIX、新宿ピカデリー、丸の内ピカデリー)、なんばパークスシネマ、ユナイテッド・シネマ、シネプレックスで上映が始まったこの映像は、GACKT、佐々木希、真壁刀義がそれぞれに髑髏島の最強の怪獣をレコメンドする趣向となっている。

女優代表として登場する佐々木は、「最強怪獣はやっぱりコング!! やっぱり女性は強い者に惹かれますよね」と"デカさナンバーワン"のコングを猛プッシュ。続いて、「いやいや、最強怪獣はスカル・クローラーだろ」と芸能人代表のGACKTが登場し、「二本の腕で動くとトカゲ、そのスピードはナンバーワン」と熱弁すると、その凶暴な顔と強靱な姿が紹介される。

そして、プロレスラー代表の真壁が、「そんなの"最強キングコング"、真壁刀義に決まってるだろ」と豪語し、「相手は誰よ」と挑発。ところが、凶暴なスカル・クローラーやヘリを壊すキングコングのパワーに絶句し、「絶対無理」とまさかの降参宣言する。

本作は、神話の中だけの存在するとされた謎の島・髑髏(ドクロ)島を舞台に、キングコング誕生の起源を描くアドベンチャー大作。GACKTは、トム・ヒドルストン扮する髑髏島へ派遣された調査隊リーダーのコンラッドを、佐々木は、ブリー・ラーソン演じる写真家ウィーバー、真壁は、怖いもの知らずのソルジャー役の吹き替えを担当した。

(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED