移籍後初ゴールのFW清武功暉「ゲームを締める形で得点ができて良かった」

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第3節が11日に行われ、ジェフユナイテッド千葉は名古屋グランパスと対戦した。44分にDF西野貴治のゴールで先制すると、後半アディショナルタイムにはFW清武功暉が追加点を決めて完封勝利。開幕戦以来の白星を手にした。

 試合後、清武のコメントをJリーグ公式HPが伝えた。

「前半の良い時間帯に西野(貴治)が決めてくれたので、チームとしてやりたいことがよく出た試合だと思うし、ピンチもあまりなかった。最後、ゲームを締める形で自分が得点できたのも良かった」

 途中出場した清武は、ゴール前でMF町田也真人の折り返しを受けると、冷静に左足で合わせた。今季、サガン鳥栖から千葉に加入した清武にとっては移籍後初ゴール。「也真人くんからのボールがすごく良かったので流し込むだけだった」と振り返った。

 未だ負けなしの千葉は次節、松本山雅FCと対戦する。