AKB48グループが「誰かのために」プロジェクトの一環として3月11日全国の各劇場で「東日本大震災復興支援特別公演〜誰かのためにプロジェクト2017〜」を開催した(HKT48は、AKB48劇場にて実施)。NMB48は、「『誰かのために』プロジェクト What can I do for someone? in 京セラドーム大阪」を開催。多くのファンを集めた。

今月4日に岩手・宮城・福島で行われた復興支援ライブに続いての取り組みとなる。AKB48劇場では、チームBが昼公演で復興支援特別公演を行い、公演の終盤、夜に同劇場で公演を行うHKT48のメンバーを呼び込み、一緒に『掌が語ること』と『誰かのために』を、心をひとつに歌唱した。

6年前、震災が起きた午後2時46分には、震災にて犠牲になられた方々に哀悼の意を表し、メンバーが公演を観覧中の観客とともに黙とう。SKE48劇場、NGT48劇場、京セラドームでも、1分間の黙とうが行われた。

公演後には、劇場ロビーにて義援金の募金が行われた他、チャリティTシャツも販売。復興支援に役立てられるという。

【メンバーコメント】

AKB48 柏木由紀
「私は今月4日に福島県に訪問させていただいたのですが、伺った会場には幼稚園児や小学生のお客さんが多数来てくださいました。私自身、福島県に訪問したのは3回目ですが、6年前の2011年のクリスマスに訪問した時に、その時に会った福島県の子供達と「また来るね」って話をしていたので、(その時の)この
前訪問したときに、そのときの約束を果たせたのがすごく嬉しかったです。みんなが歌などで元気になってくれるので、私たちにもできる事があるんだな、まだまだ続けていきたいなと思いました。」

AKB48 渡辺麻友
「あの日あの時の気持ちを思い出して歌を歌って、黙とうを捧げさせていただきました。私たちの支援活動は微力かもしれませんが、何かに繋がればいいなという希望と思いを込めて、これからも続けていきたいと思います。」

写真(C)AKS