直接FK弾で今季初勝利に貢献…中村俊輔「僕にとっては大きな一歩」

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第3節が11日に行われ、ジュビロ磐田は敵地で大宮アルディージャを2−1で下し、今季初白星を挙げた。この試合で先制ゴールをマークしたMF中村俊輔のコメントをJリーグ公式HPが伝えている。

 磐田は開始5分にペナルティエリア手前左でFKを得ると、これを中村が左足でゴール右に沈め、先制に成功。その後、FW川又堅碁の得点でリードを広げると、大宮の反撃を1点に抑えて勝ち点3を獲得した。

 得意のFKで磐田移籍後初ゴールをマークし、チームの今季初勝利に貢献した中村は「たかが1勝だけど、僕にとっては大きな一歩です」と喜びのコメントを残すと、「僕が決めたと言っても仲間がファウルをもらったり、体を張ったりしているので、全員のゴール。入って良かったです」とチームメイトへの感謝を口にした。

 そして今後に向け、「FK以外のところでゲームを支配するようなプレーが増えてくるといいかなと思います」と意気込みを語った。

 磐田は次節、18日に敵地でヴィッセル神戸と対戦する。