彼と長年付き合っていると、なんとなく「このまま彼と結婚するのかなぁ」と彼との将来を考えると同時に「本当にこの人でいいのかな……?」という不安も出たりしますよね。彼と結婚するかを迷った心のほどき方のヒントはこれ。

彼は結婚に対し前向きか

仮にあなたが結婚を望んでいても、彼がそこまで結婚に対し前向きでないとなると難しいです。彼が結婚に対し前向きでない理由はなんなのかをまず確認しましょう。結婚に前向きでない彼と結婚したいのなら、その不安要素を消していくことからです。彼だって不安が消えれば結婚に対する考えが変わるかもしれません。

一緒にいて安心感はあるか

彼と一緒にいるとき、安心感はありますか? 「亭主元気で留守がいい」という言葉もありますが、彼のことを信用していない限りそんなことは思わないですから。
彼のことが好きすぎて「本当に私のこと好きなのかな?」「浮気してるんじゃ……」などの不安が常にあるなら、まだ結婚するのは早いかもしれません……。そんな不安を抱えたまま結婚しても気持ちに余裕ができるまで、毎日彼を疑ってしまい生きた心地がしないはず。

彼を支える自信があるか

彼の肩書きに惚れて結婚を考える女子もきっといるでしょう。でも、彼が一生稼げる保証はないですよね。会社が倒産してしまったら? 彼が仕事を辞めざるをえなくなったら? 彼が事故にあって入院になる可能性だって無きにしも非ずです。そんなとき彼を支えられますか? 家族のために自分が大黒柱になれるでしょうか。
女子の中にはハイスペ男子と結婚を望む女子もいるでしょう。でも彼が一生ハイスペである保証はないんです。

「彼との結婚orこのままひとり」どちらが自分にとって幸せか

彼と結婚するか、このままひとりでいるか……どちらが自分にとって幸せか考えたときに、彼と一緒にいるよりもひとりの方がいいかもしれない……と思うのならまだ結婚は早いのかもしれません。
結婚したらほぼ毎日顔を合わせることになるし、自分の時間は少なくなります。生活するうえで彼とケンカをすることもあるでしょう。それでも彼と一緒にいたいと思えるのなら結婚に踏み込んでいいと思いますが、彼といるよりもひとりの方がいいかもしれないと思うのならまだ結婚するタイミングじゃないのかも。

自分よりも彼を大事にしたいと思えるか

彼のことを本当に愛しているか考えたことはありますか? 自分よりも彼を大事に思えるのなら彼のことを愛しているのでしょう。自分の意見が通らないとムリ、自分を優先してもらわないと不満……と思うのなら彼よりも自分のことが大好きなのでしょう。自分よりも彼優先で考えられるのなら結婚しても大丈夫かも。