トム・ヒドルストンら豪華キャスト結集!『キングコング:髑髏島の巨神』LAプレミア

写真拡大

巨神“キングコング”を描くアドベンチャー超大作『キングコング:髑髏島の巨神』(3月25日日本公開)。10日の全米公開を前に現地時間8日、ハリウッドのドルビーシアターに、トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソンら、豪華キャスト陣が結集、ジョーダン・ボート=ロバーツ監督と共にアースカラーのカーペットが敷き詰められたLAプレミアに登場した。

会場となったドルビーシアター周辺には、キングコングの巨大な足跡が出現し、アースカラーのカーペットに到着した豪華キャストたちを、集まったファンが大歓声で迎えた。トム・ヒドルストンは黒のダークスーツにブルーのシャツでスタイリッシュな装いだ。ファンサービスにも気さくに応じ、終始笑顔でゴキゲンな様子。「この作品への出演が決まったのは3年前。ようやくお披露目できてうれしいよ。キングコングは映画が始まってすぐ出てくるんだけど、彼がこの映画のスターだね!彼はこの映画の象徴であり、自然の驚異を表してもいる。本当にジェットコースターに乗っているみたいな感覚になる映画だし、最高にダイナミックな冒険になるよ」と笑顔でコメントした。

ブリー・ラーソンは、ラグジュアリーな赤のワンピース姿を披露、トムヒとの2ショットにファンからはため息が漏れる一幕も。ブリーは、「こんな大作に出演するのが初めてだからとても興奮しているわ。プレミアも盛大ですごい!この映画は映画館で観るべき映画よ。映画館に来る理由がこの映画にはあるの」と大興奮。軍人を演じたサミュエル・L・ジャクソンは愛妻を伴って登場、「キングコングがすごい!彼が引っ張ってるんだ」と語り、ベテラン俳優ジョン・グッドマンと気さくにサインに応じていた。

15日には、初来日のトム・ヒドルストン、アカデミー賞受賞作『ルーム』以来1年ぶりとなるブリー・ラーソン、2012年の『アベンジャーズ』以来となるサミュエル・L・ジャクソンがジャパンプレミアに登場予定となっている。

■『キングコング:髑髏島の巨神』
3月25日(土) 3D/2D/IMAX ロードショー
(c)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED