街中の水道水が真っピンクに

写真拡大

街中の水道水が真っピンクとなり、住民がその様子をSNSに掲載し話題を呼んでいる。

カナダ・オノワイの水道水が、先日、すべて真っピンクの水になってしまった。炊事場、トイレ、浴槽、いたるところでピンク水が流れ、街が公式に謝罪することに。原因は鉄やマンガンを除去するために使う、過マンガン酸カリウムが混入したことによるもので、原因がわかっても街の人たちはしばらく水を使うのを拒否していたと伝えられている。

ネットでは「逆にそれほど鉄が多い水を飲んでいるのかと思うと不安になるね」「カクテルに出そうなきれいな色だけれど」「今のうちに家の掃除に使えばいいのかな」「健康に被害は出ない程度だとは思う」といった感想が寄せられている。