歯をコーラに浸けこむと溶ける!? コーラ以外にも注意が必要です

写真拡大

「コーラばっかり飲んでると、歯が溶けちゃうわよ!!」

子供のころ、お母さんに言われた思い出はありませんか?

実際に観察してみようと思い立ち、甥っ子の抜けた歯をコーラに浸けて、その変化を YouTube にアップした DaveHax さん。さて、歯はどうなったのでしょうか?

【歯をコーラに1週間浸けるとこうなった】

コーラのボトルに歯を投入し、3日後、5日後、1週間後の歯の様子が詳しく解説されています。歯は、徐々に表面が茶色っぽく変化していき……1週間後には、コーラみたいな色になっちゃったよ!!

光沢のあったエナメル質が完全にやられてしまったようで、歯の表面がデコボコに。もっとビックリしたのが、歯の付け根部分のやられっぷり。実験前にはしっかりしていた付け根部分が、柔らかくなってしまいました。毛抜きでつまむと剥け落ちてしまうほどに……。

この実験から、歯をコーラに1週間浸けると状態はすこぶる悪くなる、ということがわかります。

【果物やスポーツ飲料も歯を溶かす】

しかし注意したいのは、この実験の状況は、歯が直接コーラに1週間触れ続けるという、通常の飲み方ではありえないものです。

現実はどうなのか、歯科医が質問に回答してくれるサービス、「歯チャンネル88」のある回答を参考にすると……
・酸性であるコーラが歯を溶かすのは確かだが、通常は唾液で酸性を中和したり、溶けた部分を修復している
・修復が間に合わないと、酸蝕症(さんしょくしょう)という症状を引き起こす
・歯を溶かすのは、果物や酢、ジュース、スポーツ飲料など、酸性のどんな食べ物、飲み物でも起こる

このことを踏まえると、コーラに限らず酸性の食べ物、飲み物を摂取する頻度や食べ方、飲み方に気をつけることが、日常生活では大切だということのようです。糖類が入っているかだけでなく、酸性かどうかもポイントなんですね!

わからないことや不安なことは、かかりつけの歯医者さんに聞いてみるのが確実だと思いますよ〜。

参照元:YouTube、歯チャンネル88
参考リンク:プラスウェルネス「知っておきたい“大人の虫歯”」
執筆=sweetsholic (c)Pouch

この記事の動画を見る