トヨタ自動車(以下トヨタ)が、9日に一般公開が始まったジュネーブモーターショーで、「アクティブリーン機構」を搭載した小型EVコンセプトモデル「 i-TRIL」をワールドプレミアしました。

1

コンセプトモデルの名称である「i」は私、「TRIL」はTRIple(3人)とLean(リーンテクノロジー)を合わせた造語で、デザインはフランス・ニースにあるトヨタの開発拠点ED2が担当。

ドア下辺がフロアレベルまで回り込んでおり、乗降時の足さばきが容易そうです。

同社は以前にも東京モーターショー2013で、旋回時の車体傾きを自動制御する「アクティブリーン機構」を採用した「 i-ROAD」を出展し、大きな話題を呼びました。

翌年にはフランスのグルノーブル市と共同で、同車を使ったカーシェアリングの実証実験を行うなど、世界に先駆けて新技術をアピール。

また2015年10月からは、カーシェアリング事業を手掛ける「タイムズ24」と共同で、パーソナルモビリティ・シェアリングの実証実験「Times Car PLUS×Ha:mo」を都内で運営するなど、「i-ROAD」を使ったカーシェアリングサービスを提供しています。

トヨタが今回ワールドプレミアした「i-TRIL」では、左右前輪が上下して車体の傾きを最適に自動制御する 「i-ROAD」譲りの「アクティブリーン機構」を搭載。快適性・安定性を両立すると共に、意のままに操れる一体感のある走りを実現したといいます。

さらにクルマの中心にドライバーを配置する「1+2レイアウト」を採用。3人乗車を実現すると共に、3輪仕様の 「i-ROAD」から4輪仕様へと発展させています。

小さなコミュニティにおける30〜50代の子育て世代のライフスタイルを想定しており、使い勝手の良さによる楽しさを提供。都市生活者のニーズに応えるパーソナルEVとして開発されました。

パワートレーンには電動モーターを採用しており、満充電時の航続距離は200km以上。空車重量は600kgで、スリーサイズは全長2,830mm×全幅1,500mm×全高1,460mm、ホイールベースが2,080mmとなっています。

4輪車ならではの走行安定性に加え、「アクティブリーン機構」の採用により、新しい乗り味と小回りの良さを手に入れた「i-TRIL」ですが、この先「i-ROAD」同様のシェアリング・サービスも期待され、試乗できる機会が訪れるかもしれません。

(Avanti Yasunori・画像:トヨタ自動車)

【関連記事】

超小型EV「 i-ROAD」のライバル車がカナダから登場!
http://clicccar.com/2016/07/06/383908/

トヨタがフランスで「i-ROAD」を世界にアピール!
http://clicccar.com/2014/11/03/275880/

超小型EV トヨタ「i-ROAD(アイロード)」が公道走行へ!
http://clicccar.com/2014/03/05/248429/

トヨタ、ホンダが超小型EV販売を欧州で先行させる訳とは?
http://clicccar.com/2014/03/04/248072/

トヨタが出展する超小型モビリティ「i-ROAD」の走りは新感覚!
http://clicccar.com/2013/11/29/238524/

【関連リンク】

Times Car PLUS×Ha:mo
https://plus.timescar.jp/tcph/

トヨタが「i-ROAD」の進化版「i-TRIL」を公開!【ジュネーブモーターショー2017】(http://clicccar.com/2017/03/11/453517/)