広瀬すず(左)と中条あやみ(右)

写真拡大

映画『チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』の初日舞台挨拶が3月11日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、広瀬すず、中条あやみ、山崎紘菜、富田望生、福原遥、真剣佑、天海祐希、木下隆行、河合勇人監督が出席した。

『チア☆ダン』初日舞台挨拶、その他の写真

本作は、福井県立福井商業高等学校チアリーダー部が2009年にアメリカのチアダンス大会で優勝した実話を映画化した青春ドラマ。チアダンス部に入部した個性豊かなメンバーたちが、切磋琢磨しながら夢に向かって突き進む姿を描く。

作品のモデルとなったチアリーダー部「JETS」が先日全米チアダンス選手権で5連覇を達成したばかりで、広瀬は改めて「前日は寝れなくて、朝早く起きて聞いた瞬間涙が出ました」と笑顔で祝福。中条は撮影中に「JETS」のメンバーが応援しに来てくれていたことを紹介し、「毎日撮影しながらダンスの練習も行っていて、精神的にも体力的にもハードでしたけど、そういう時にみんなが来て踊ってくださって元気をいただいて。もっと頑張らないとと身が引き締まりました」と振り返った。

その後は映画にちなんで、各自が応援メッセージを贈るコーナーに。先日高校を卒業したばかりの広瀬は、同世代に向けて「私は今までは学校の中に大好きな人たちが待ってくれている居場所があって、それが心の支えになっている部分もありました。それがなくなって、慣れない環境や出会いや考えていかないといけないことが増えると思いますけど、努力を忘れずに一緒に頑張っていけたらと思います」とエール。

20歳になる直前に本作の撮影をしたという中条は「大人になるのに自信がなくて悩んだこともありました。自信とは何だろうと考えていた時に、自分を信じてあげられることで、そのために努力することだと気づきました。同世代のみなさんも自分を信じてあげてほしいと思いました」と話した。

また、22歳で同級生に新社会人が多いという山崎は「大人の世界のマナーだったり、学生の頃とは違うプレッシャーがたくさんあると思います。私も頑張っていますので一緒に頑張りましょう」と呼びかけた。

最後は広瀬が挨拶を行ったほか、登壇者が円陣を組み、「レッツゴーJETS!」と声をそろえ、元気にイベントを締めくくっていた。