風間八宏監督は選手たちの自信のないプレーを嘆いた

写真拡大

[3.11 J2第3節 千葉2-0名古屋 フクアリ]

 名古屋グランパスは敵地で千葉に0-2で敗れ、J2初黒星を喫した。結果、内容ともに完敗。風間八宏監督は「本当に今日は自信を持ってプレーする選手がほとんど見えなかった。それが全て」と分析。「あれだけミスをすればできない。戦うという技術についてまだまだ選手たちは履き違えている」と語気を強めた。

 極端に高いDFラインを維持する千葉の特殊なサッカーへの対策が裏目に出た。前半はDFラインの裏を付いてカウンターからチャンスを作る場面もあったが、1点ビハインドで迎えた後半は、相手のサッカーに翻弄された。「もっと簡単に背後が取れると思っていた」という指揮官も、「ボールを動かしながら敵を見るというところが足りない」と課題を挙げた。

 選手たちピッチ上で同じような感覚を持ったという。今季初先発のDF大武峻は「後半、相手(のDFライン)が下がっているのに、俺らはまだ裏、裏となっていた。試合の中で状況判断ができていなかった」と反省。MF八反田康平も「一言でいえば全然だめ。もっともっと本気でやらないと、なかなか厳しい」と険しい表情で話していた。

(取材・文 児玉幸洋)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ