「人生で初めて、監督が話している言葉をメモしようと思った」

 かつて大久保嘉人はそう言って、風間八宏監督がもたらした「革命」の断片を語っている。

 風間監督は川崎フロンターレを4年間率い、昨シーズン限りで退任した。天才的なサッカー論が選手に与えた影響は計り知れない。3年連続得点王に輝いた大久保だけでなく、昨シーズンMVPの中村憲剛、J1日本人得点王の小林悠は覚醒したようなプレーを見せ、大島僚太、奈良竜樹、三好康児ら若手は目覚め、谷口彰悟、田坂祐介は導きを与えられた。

 ボールが走り、プレーが渦になる。果てしなく追い求めたボールゲームの中、多くの選手が成長を示した。

 しかし、彼らは無冠だった。

 今シーズンからは鬼木達(とおる)ヘッドコーチが監督に就任。風間監督もエース大久保もいない。開幕戦は大宮アルディージャに0-2で勝利、第2節はサガン鳥栖と1ー1で引き分けた。

 新チームは、革命半ばだった風間フロンターレを超えられるのか?


柏戦で決勝ゴールを決めた中村憲剛(川崎F) 3月10日、等々力競技場。J1リーグ第3節、川崎は本拠地に柏レイソルを迎えている。

「攻守で圧倒しよう」

 鬼木監督の号令のもと、川崎の選手たちは前半から意気盛んだった。最前線の阿部浩之がピラニアのようにボールに食らいつくと、それに反応して中村、小林らが出どころを塞ぎ、ボランチの大島、エドゥアルド・ネットもフタをし、バックラインは積極的に押し上げ、守備によってリズムを作る。

「前から奪いにいく、というのがポイントだった」(谷口)

 これで柏を”窒息”させた川崎はスペースを与えず、大島、中村、小林がスキルの高いパスと連動で守備を崩していく。

 とりわけ秀抜だったのが小林の動きと判断の質だろう。右サイドを主戦場にしながらツートップのような位置にポジションを取るなど神出鬼没。ダイレクトプレーで一気にプレーをスピードアップした。前半、ドリブルで持ち上がる車屋紳太郎のパスをダイレクトヒールで落とし、そのまま駆け上がらせ、さらにそれを追い越していた登里亨平がパスを受け、シュートに持ち込んだシーンは躍動感があった。

 風間時代の名残と言うべきか。

そして前半42分、川崎は敵を圧倒する展開からの左CKで、中村がニアの谷口の頭に合わせ、先制に成功した。さらに前半アディショナルタイム、しつこくボールを追っていた阿部がエリア内で判断に迷った柏DFのボールを奪うと、中村にパス。これを昨季MVPが蹴り込んだ。

「自分がすごいプレーをしたわけじゃない。味方が決め、パスをもらっただけ」(中村)

 川崎はプラン通りの戦いで、2点差で折り返した。柏が自らボールの出どころを詰まらせ、プレッシングもはめきれないひどい出来だったのを差し引いても、効率的な戦いだった。

 しかし、後半になると様相は変わる。


 柏はプレスに遭う前に両サイドへボールを蹴り、スピードとパワーで一旦押し込み、クリスチアーノにボールを集める。これで主導権を取り戻した。後半60分、右CKをクリスチアーノが蹴り、武富孝介が頭で押し込んだ。柏はその10分後に中山雄太が退場になったものの、クリスチアーノはチーム事情と関係なく、ひとり脅威になっていた。

「90分間、前半のリズムを続けるのは難しい。失点する前に3点目を奪うべきだった。自分も一本打ちたかったシュートはあったが……」(小林)

 川崎は敵の息の根を止められなかったが、しのぎ切った。リーグ戦初スタメンの奈良竜樹がセンターバックらしい堅実さと賢さを顕示。GKチョン・ソンリョンは武富のヘディングを弾き出すなど、大宮、鳥栖戦に続き”負けない潮目”を作っている。

 結局、川崎は2ー1で柏を下した。アジアチャンピオンズリーグで連戦が続く中、体力的には厳しいはずだが、勝負強さを見せている。

「守備を頑張る分、まだ攻撃の精度を欠いている部分もある。(ゴールまで)プレーを完結したい」

 中村は試合後に語ったが、その言葉は川崎の現在と未来を暗示している。
 
 前線からの守備、というアグレッシブさを川崎は示し、それは勝利につながった。しかし誤解されがちだが、攻撃的と好戦的は違う。この夜の川崎は後者によって、相手を制した。積極的なプレッシング。組織的なハードワークが戦術の軸だった。

 それは、「実務的」な戦い方と言える。

 風間フロンターレは「革命的」だった。ボールを走らせ、その前にいる選手が絶えずポジション的優位を作り、ゴールに向かって連動する。失点を恐れず、自分たちでボールを握り、相手を引き回す。それを引っ張っていたのが、大久保の苛烈さだった。

「高い位置から取りにいく、というのは練習でやってきたこと。セットプレーも研究してきました。その成果が出たのはポジティブに捉えています」(鬼木監督)

 革命の後に実務が来るのは、世の理(ことわり)である。

 その点、川崎は正しい道を進んでいるのだろう。実務に没頭すると、革命的な輝きは消える。しかし現実に革命の時代は終わり、今は献身や勤勉さが求められるのかもしれない。

■Jリーグ 記事一覧>>