東京都内で行われた政府主催の東日本大震災の追悼式で献花する安倍晋三首相(2017年3月11日撮影)。AFP/Koji Sasahara

写真拡大

【AFP=時事】死者・行方不明者合わせて約1万8500人が犠牲になった東日本大震災から6年を迎えた11日、東京都内では政府主催の追悼式が行われた。

 地震発生時刻の午後2時46分には、安倍晋三(Shinzo Abe)首相ら参列者が、各地の被災地の住民らとともに黙とうをささげた。

 震災後6年たった今も依然として、12万3000人以上の避難者がいる。その大半が福島第1原子力発電所の事故の影響で避難した人々だ。
【翻訳編集】AFPBB News