磐田加入後、初ゴールを決めたMF中村俊輔

写真拡大

[3.11 J1第3節 大宮1-2磐田 NACK]

 J1第3節は11日、各地で行われ、ジュビロ磐田は敵地で大宮アルディージャと対戦し、2-1で勝利した。開幕2試合連続で無得点だったチームにMF中村俊輔が直接FKで初ゴールをもたらし、磐田は今季初勝利を飾った。

 大宮は開幕から2試合連続の無得点で連敗スタート。前節FC東京戦(0-2)から3人を変更し、MFマテウス、MF横谷繁、GK加藤順大が今季初先発。横谷が右、マテウスが左サイドハーフに入り、FWネイツ・ペチュニクとFW江坂任が2トップを組んだ。

 一方、開幕から2試合連続の無得点で未勝利(1分1敗)の磐田は前節仙台戦(0-1)から2人を変更。DF櫻内渚とDF藤田義明が先発に入り、最終ラインは右から櫻内、DF大井健太郎、藤田、MF宮崎智彦と並んだ。[スタメン&布陣はコチラ]

 前半2分に大宮がファーストシュート。右サイドからカットインした奥井が横谷につなぎ、横谷がPA内左に浮き球のパスを送ると、ペチュニクがヘディングで合わせたが、シュートはクロスバーを越えた。すると磐田は同4分、MFムサエフが倒されてPA手前でFKのチャンスを獲得する。キッカーを務めた俊輔が左45度の位置から左足を振り抜くと、低い弾道のシュートがGK加藤の手をかすめてゴール右隅に突き刺さった。これが開幕から2戦連続無得点だった磐田にとって待望の今季初ゴール。俊輔の直接FK弾は横浜FM時代の昨年4月2日に行われたG大阪戦以来、通算23点目で、自身の持つJ1記録を更新した。

 磐田は息のあったコンビネーションから攻守にダイナミックさを見せる。前半10分、俊輔が前線にスルーパスを供給すると、MF太田吉彰が右足を振り抜いたが、シュートはクロスバーを直撃。同23分にも俊輔が精度の高いピンポイントクロスを送り、MFアダイウトンが右足シュートを放ったが、GK加藤が右手一本でファインセーブ。俊輔を起点にした攻撃と体を張った全員守備で大宮に決定機を与えず、1-0で前半を折り返した。

 後半立ち上がり早々にも磐田が追加点。後半2分、自陣からの大きなクリアボールにFW川又堅碁が猛然と走り込むと、DF菊地光将にプレッシャーをかけてボールを拾う。鋭い切り返しで菊地とDF河本裕之の2人をかわすと、PA内でGK加藤との1対1から冷静に左足シュートでゴールネットを揺らした。

 川又の移籍後初ゴールで2-0とリードを広げた磐田に対し、後半7分に大宮ベンチが動く。FWドラガン・ムルジャを投入し、ムルジャとペチュニクが2トップを組んだ。同14分にはFW清水慎太郎をピッチに送り込む。清水は左サイドハーフに入り、江坂が右サイドハーフに移った。すると後半28分、右サイドの高い位置で横谷がボールを奪い、クロスに走り込んだ清水が強烈なヘディングシュートを叩き込んだ。大宮にとってもこれが今季初得点。1-2と1点差に追い上げた。

 最後の交代枠でMF岩上祐三を投入し、猛攻をかける大宮。試合終了間際の後半43分にはPA内の清水が強烈な右足シュートも、GKカミンスキーのビッグセーブに阻まれる。大宮は最後の反撃も及ばず、そのまま1-2で敗れ、痛恨の開幕3連敗を喫した。

(取材・文 佐藤亜希子)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第3節2日目 スコア速報