写真提供:マイナビニュース

写真拡大

セイコーウオッチのファッションウオッチ「WIRED(ワイアード)」と、アニメ「進撃の巨人」のコラボモデル第2弾が発売された。リヴァイ&ミカサの人類最強ペアモデルだ。税別価格と限定本数は、リヴァイシグネチャーモデル(AGAT714)が25,000円で国内1,000本(世界限定1,200本)、ミカサシグネチャーモデル(AGEK740)が24,000円で国内1,000本(世界限定1,200本)。

両モデルとも、WIREDロゴとともに、リヴァイとミカサが所属する調査兵団の紋章をレイアウト。製品パッケージには、描き下ろしオリジナルイラストの空く率スタンドとステッカーが付属する。時計の裏ぶたには、リヴァイとミカサが戦っているときの表情と、シリアルナンバーを刻印。限定ボックスは、調査兵団が使用する弾倉をモチーフにしたスペシャル仕様だ。

ケースとバンドの素材はステンレススチールで、リヴァイシグネチャーモデルはブラック硬質コーティング、ミカサシグネチャーモデルはピンクゴールド色めっき。ケースサイズは、リヴァイシグネチャーモデルが外径38.8×厚さ11.7mm、ミカサシグネチャーモデルが外径23.8×厚さ8.5mm。

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会