合コンの自己紹介のコツ〜男性に好印象な内容とは〜

写真拡大

社会人の出会いの場のひとつでもある「合コン」。アラサーともなると結婚を考えられるような、素敵な男性との出会いを求めて参加している女性も多いですよね。だからこそ、第一印象で良いイメージを持ってもらって次につなげたいと気合の入っている女性もいるはず。そこで今回は、合コンで絶対に行われる「自己紹介」が与える印象について、男性の本音を調査。さらに、心理コーディネーターの織田隼人さんに男心を掴む「合コンの自己紹介のコツ」を教えていただきました。

<目次>
■「合コンの自己紹介」で印象が悪くなる人・良くなる人
・自己紹介で印象は変わる?
・自己紹介で印象が悪くなる女性の言動
・自己紹介で印象が良くなる女性の言動
■「合コンの自己紹介」に盛り込むべき内容
・男性が、絶対に知りたい女性の情報
・男性が、隠されると印象が悪くなる女性の情報
・好印象な女性の「趣味」とは?
■専門家が教える、「合コンの自己紹介のコツ」
・男心を掴む自己紹介のポイント
・自己紹介で女性が気をつけるべきこと
■まとめ

■「自己紹介」で印象が悪くなる人・良くなる人

はじめに、男性たちに合コンで女性から自己紹介をされたとき、第一印象から変化することはあるのかを教えてもらいました。

◆自己紹介で印象は変わる?

では、社会人男性の正直な気持ちを聞かせてもらいましょう。果たして、どれくらいの男性が「自己紹介で印象は変わる」と思っているのでしょうか?

Q.合コンの自己紹介で、女性の印象は変わりますか?

「変わる」……51.4%
「変わらない」……48.6%
※有効回答数381件

約半数の男性が「変わる」と回答。では、それぞれの理由を見ていきましょう。

<「変わる」派の意見>

○見た目だけで最初の印象は完成しない

・「やっぱり自己紹介するとき、最初の印象に繋がると思います」(33歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「見た目だけではわからない。話し方で印象は変わってくる」(32歳/その他/事務系専門職)

○自己紹介の内容によって興味が湧く

・「おもしろい紹介をしたら興味が出てくるから」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「好きな趣味や性格が合致することがあるから」(36歳/その他/その他)

○話し方は重要

・「言葉使いや表情。話し方は重要だから」(37歳/情報・IT/技術職)

・「相手の話し方や内容でどんな人かなんとなくわかるから」(24歳/情報・IT/技術職)

<「変わらない」派の意見>

○自己紹介後の会話で印象が変わる

・「第一印象はあまり気にしない。少しずつしゃべっていって、中身を知らないと自分は心を開かない」(24歳/その他/クリエイティブ職)

・「少しの時間一緒にいれば、どんな人かわかるから」(32歳/その他/その他)

○自己紹介程度では判断しづらい

・「最初だからいいことしかしゃべらないし、1回目では判断ができない」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

・「普段のコミュニケーションの経験値が低いため、第一印象では判断しない」(25歳/不動産/販売職・サービス系)

○外見の印象重視

・「相手女性には、外見の良さだけ要求するから」(33歳/小売店/営業職)

・「第一印象は見た目がほとんどだから」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「印象は変わる」という男性のほうが若干多いようですが、数字は競っていますね。外見の情報を重視する人がいる一方で、慎重に相手を観察する男性が多いようです。

◆自己紹介で印象が悪くなる女性の言動

世の中の約半数の男性が「自己紹介で印象は変わる」と思っていることがわかったところで、今度は、合コンの際の自己紹介で「ちょっとこの子はないな」と思ってしまうような、印象が悪くなる自己紹介について、お話を聞いてみました。

1)なんだか暗い感じ

・「無愛想で笑顔がない。とっつきにくくなるから」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「暗い感じで、名前だけしか言わないあいさつ」(39歳/不動産/営業職)

2)自己アピールしすぎ

・「とにかく自己アピールがすごい人」(29歳/学校・教育関連/その他)

・「根拠のない自己顕示が強い主張が多い」(37歳/情報・IT/技術職)

3)上から目線

・「初対面なのに、上から目線でなぜか横柄な態度」(28歳/その他/その他)

・「あきらかに自分はかわいいと上から目線であいさつする人」(39歳/小売店/販売職・サービス系)

4)話が長すぎ

・「自己紹介が長く、必要のないことをしゃべる」(37歳/情報・IT/事務系専門職)

・「あまりにも自己紹介が長い人は疲れるかもしれません」(37歳/その他/その他)

5)一人称が自分の名前

・「一人称が『私』ではなく、名前や苗字だったりすると印象悪い」(38歳/自動車関連/事務系専門職)

・「自分の下の名前を言って自己紹介する」(30歳/機械・精密機器/その他)

素敵な男性を前にして、緊張して表情がこわばってしまったり、できるだけ自分を知ってほしいとがんばりすぎてしまったりすることは珍しくないでしょうが、それらはすべて悪い印象に繋がってしまうようですね……。これでは、出会いに繋がるはずの合コンも失敗に終わってしまいます。

◆自己紹介で印象が良くなる女性の言動

悪い印象を抱かれないためには、どんな自己紹介が望ましいのでしょうか? 男性たちが今まで、「印象がいいな」と思った自己紹介の仕方を聞いてみましょう。

1)笑顔が素敵!

・「笑顔がかわいい人は、好印象を持つ」(31歳/ソフトウェア/技術職)

・「とりあえず笑顔で自己紹介されれば印象はいいと思う」(31歳/建設・土木/技術職)

2)親しくなろう、という前向きな気持ちが伝わってくる

・「『〜と呼んでください』と自分からどう呼んでほしいか言う女性。自分から言うことで親しみを感じるから」(37歳/その他/その他)

・「楽しく過ごそうとしていることがわかるような自己紹介」(39歳/金融・証券/営業職)

3)言葉遣いがしっかりしている

・「敬語をしっかり使える女性です」(38歳/金融・証券/事務系専門職)

・「言葉遣いがいい。ただの合コンと考えていなければ、どんなときでもきちんと振る舞う」(38歳/小売店/販売職・サービス系)

4)ちょっと控えめな態度で

・「声を張らずに、控えめに自己紹介する女性」(37歳/情報・IT/技術職)

・「控えめでありながら芯の通っていそうな自己紹介」(39歳/学校・教育関連/その他)

5)照れつつ自己紹介

・「照れはあると思うけど、しっかり話をしている子」(32歳/その他/事務系専門職)

・「照れながらも一生懸命自分を出そうとしてる人」(32歳/自動車関連/技術職)

好印象に繋がる自己紹介は、その場の人たちと親しくなろうという気持ちがはっきり伝わりつつも、社会人として常識がある、と思える態度がポイントのようですね。そのポイントを押さえておけば、多少緊張していても好印象に繋がるのでしょう。

◎「自己紹介」で印象が悪くなる人・良くなる人まとめ

合コンでいい印象を抱いてもらえる自己紹介は、積極的過ぎず、消極的過ぎない、という絶妙なバランスと、社会人として最低限求められるマナーが重要なようです。この塩梅がなかなか難しそうですね……。

■合コンの自己紹介に盛り込むべき内容

いい印象を抱いてもらえる自己紹介での言動がわかったところで、一体、どんなことを具体的に話せばいいのか具体的な自己紹介の内容を男性たちに聞いてみました。

◆男性が、絶対に知りたい女性の情報

まずは、男性たちが、女性に自己紹介のとき、「これだけは教えてほしい!」と思う情報をランキング化してみました。

Q.合コンの自己紹介で女性に絶対に教えてほしい項目を教えてください。

●第1位/「名前」……35.2%
○第2位/「趣味」……20.7%
●第3位/「恋人の有無」……13.1%
※有効回答数381件。複数回答式・第4位以下略。

やっぱり「名前」は書かせませんよね。約3人に1人がこの回答を選んでいます。そして、会話の糸口、自分と合う・合わないがわかりやすい「趣味」を選んだ人は5人に1人ほど。初対面だからこそ、知っておきたい情報ですね。

◆男性が、隠されると印象が悪くなる女性の情報

合コンでの自己紹介となると、ついつい隠してしまいたくなる情報もあるでしょう。出会いの場だからこそ、自分の印象が悪くなるかもしれない、と思う情報は隠したくなってしますからね。でも、その隠す行為こそ、悪い印象を持たれてしまう原因になる可能性も……。では、どんな情報を隠されると印象が悪くなるのか、男性たちの意見をこちらもランキング化してみました。

Q.合コンの自己紹介で隠されると印象が悪くなる項目を教えてください。

●第1位/「恋人の有無」……29.4%
○第2位/「名前」……18.6%
●第3位/「年齢」……18.4%
※有効回答数381件。単数回答式・第4位以下略。

1位は、3割近くの男性が選んだ「恋人の有無」。確かに、恋人がいると知らずにアプローチをして、あとから「実は私、彼氏が……」なんてカミングアウトされたら、男性はさぞやショックを受けることでしょう……。それだったら、「彼氏はいるけれど、今日は楽しい時間を過ごせたらいいな、と思って参加しました!」と正直に言ったほうが、男性たちも肩肘を張らずに接してくれるかもしれません。3位の「年齢」は、つい女性は隠してしまいがちですが、さくっと言ってしまったほうが印象はいいかもれませんね。

◆好印象な女性の「趣味」とは?

先ほどの「自己紹介で知りたい情報」のランキング2位になった「趣味」ですが、どんな趣味を自己紹介で挙げたら、男性たちの興味を引き、好印象を持ってもらえるのでしょうか? どんな趣味でもいい、というわけではなさそうですよね……。こちらも、男性たちにアンケートをとり、具体的な趣味の内容を聞いてみました。

1)お菓子作りや料理

・「料理ができる。話を膨らませたり、その後の展開がやりやすい」(32歳/食品・飲料/営業職)

・「お菓子作り。付き合ったら作ってきてくれるんだろうなと期待する」(39歳/医療・福祉/専門職)

2)伝統文化的な習い事

・「華道や茶道など、女性らしい趣味だと好印象」(28歳/その他/その他)

・「自分も茶道をやっているので、茶道や華道、香道を行っている人」(38歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

3)アウトドア

・「アウトドアな趣味。自分がアウトドアが好きだから」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「アウトドア。アウトドアが好きだと、ある程度デートに誘える範囲が増えるような気がする」(36歳/機械・精密機器/技術職)

4)音楽、映画、本などを鑑賞すること

・「音楽や映画などの趣味が合うと話も合わせやすいので、大きな取っ掛かりにはなると思う」(39歳/その他/その他)

・「読書や映画などだと、会話の取っ掛かりにもなっていい」(38歳/運輸・倉庫/その他)

5)オタク趣味

・「意外にも少年マンガとかを読んでいたりするとうれしい」(30歳/その他/その他)

・「漫画やアニメなどオタク趣味だと好印象」(34歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

女性に対し、家庭的な一面を求める男性だからこそ、料理が趣味だと好印象を持てるのかもしれませんね。あとは、単純に「おいしいものが好き」という人が多いのでしょうか。また、意外にも「オタク趣味」を挙げている男性は少なくないようです。自分がオタク的な趣味がある人だと、その話題で盛り上がりたい、カップルになれたら一緒に楽しみたい、という願望が湧いてくるのかもしれませんね。

◎合コンの自己紹介に盛り込むべき内容まとめ

合コンでの自己紹介で盛り込むべき内容は、名前や年齢などの最低限のプロフィールと、そして趣味のようですね。相手に自分を知ってもらおう、この場を楽しもう、と積極的に思っている気持ちを程よく出しつつ伝えると、より好感度は上がることでしょう。恥ずかしく感じる気持ちもよくわかりますが、素敵な出会いに繋げるためにも、自己紹介の内容はよく考えておいたほうが賢明かもしれませんね。

■専門家が教える、合コンの自己紹介のコツ

では最後に、合コンの自己紹介で絶対に失敗したくない女性たちに向けて、心理コーディネーターの織田隼人さんに「合コンの自己紹介のコツ」について聞いてみました。

◆男心を掴む自己紹介のポイントって?

まずは、男性陣の心をがっちりと掴む自己紹介のポイントを3つ、教えていただきました。

1)目を見てニッコリと笑う

合コンでは短時間で「親しみやすい人」と思われるのが大事なので、自己紹介時に男性ひとりひとりを順番に見つつ、ニッコリと笑っていきましょう。しゃべりながら順番に目を合わせていくように心がけてください。目が合ったあとにニッコリ笑うことで親しみを持ってくれやすくなりますし、「話しかけていいんだ」ということを男性に目線だけで伝えることができます。

2)とにかく共通点がでてきそうな内容を伝える

自己紹介で大事なのは共通の話題を作ること。共通の話題はローカルネタが手っ取り早いので出身地、勤務地、居住地、旅行に行った場所などを伝えましょう。どれかひとつでも引っかかるとそこでローカルネタで盛り上がることができます。地域で引っかからない場合には、趣味の話、あと高校時代の部活動、幹事との関係性など伝えましょう。

3)「人見知りで緊張しています」と伝える

特に話し下手な人にやってもらいたいのがこれです。人見知りで緊張しているということを最初に伝えることで多少会話が弾まなくても男性が「嫌われているわけじゃなくて緊張しているだけだな」と思って安心してフォローしてくれるようになります。また、緊張していると伝えることで「合コンに不慣れ=あまり遊んでいない」という好印象にもつなげることができます。

◆自己紹介で女性が気をつけるべきこと

続いて、合コンの自己紹介で失敗しないためにも知っておきたい「気をつけるべきこと」を教えていただきました。

「自己紹介でがんばりすぎないことです。奇をてらったことをしなくても男性は女性のことをしっかりと見ています。奇をてらったことをすると話題の中心になれるかもしれませんが単に『いじる対象として便利』と見られるだけで恋愛対象としては見てもらえません。自分を覚えてもらうために言うセリフはせいぜい、『○○ちゃんと呼んでくださいね』くらいで大丈夫です。あとは、会話の最後に笑顔だけは心がけておきましょう。失敗しても『失敗しちゃった』といいながら笑顔になればそれだけで好印象を与えることができます。うまくしゃべり終わったら『よろしくお願いしますね』と笑顔で言い切ってしまいましょう」

■まとめ

男性たちの意見と、専門家の先生の自己紹介のコツを見て、「これならきっと次の合コンは大丈夫!」と思えたのではないでしょうか? お互いに初対面同士の合コンだからこそ、自己紹介は非常に大事なもの。「この子はないな」と合コンのはじめに見切られないために、自己紹介では気を抜きすぎず、程よく積極的に自分のプロフィールを伝えたいですね。

(文:ファナティック、監修:織田隼人)

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年2月28日〜3月1日
調査人数:381人(22〜39歳の社会人男性)