チョン・ウンチェ、演技から芸術まで多彩な魅力をアピール

写真拡大 (全3枚)

チョン・ウンチェが、恋に落ちた女性の姿をメイクアップグラビアで表現した。

チョン・ウンチェは最近発刊されたスタースタイル雑誌「HIGH CUT」のグラビアで、男性モデルと共に感性溢れる雰囲気の春のメイクアップを演出した。綺麗な顔に赤、コーラル、ピンクなど春に似合う色で、水彩画のように染まったメイクアップを完成させた。

最初の写真では、すべすべな肌の上に2種類のピンクが調和した口紅をつけ、恋の始まりにドキドキする姿を表現し、2番目の写真では、あんず色の目元と唇で幻想的な姿を演出した。最後の一枚は、赤い唇で男性モデルとキスするような挑発的なポーズを取り、視線を集めた。

撮影後続いたインタビューでチョン・ウンチェは、最近チョ・インソンの妹役で出演した映画「ザ・キング」について「映画の背景が全羅道(チョルラド) からソウルに変わるが、映画制作会社は主人公テスの家族だけは、最後まで方言を使う設定を望んでいた。全羅道の方言を使う俳優さんの録音ファイルを貰って、ずっと練習した」とし「ハン・ジェリム監督が、普段から私を関心を持って見守ってくださって『あの女優の従来のイメージを壊してみたい。枠から外れた、面白い服を着せてあげたい』と考えたとも聞いた。私もそのような希望があったし、監督の前作も好きでオファーが来た時すぐにOKした」と明らかにした。

女優デビューする前は美術を専攻する学生で、演技以外にも2013年ミニアルバムを発売したことのあるチョン・ウンチェは「楽曲はしょっちゅう作っている。アルバム制作もいつかはすると思うが、時期を決めてやるわけではない。美術作品も結局一人で悩んで作業することの連続だ。自らずっと時間を作っていかなければならないし、その中から楽しさを見つけなければならない。演技も同じだ。一人でキャラクターと作品について考え、観察し、楽しみを探す」と話した。

続けてチョン・ウンチェは「女優として活動する過程で一番嬉しいことは、演技して良い作品ができて、それを多くの人が愛してくれることだ」とし「そのエネルギーで他の作品にも出演したいという気持ちになれる、その瞬間が一番幸せだ。『ずっと続けていきたい。大変だけど一度行ってみたい』と思わせる道を探すのは、人生の中でとても重要なことだと思う」と伝えた。