テニスのエキシビションマッチ、BNPパリバ・ショーダウンに出場した錦織圭(2017年3月6日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】テニス、BNPパリバ・オープン(BNP Paribas Open 2017)は10日、男子シングルス1回戦が行われ、大会第4シードの錦織圭(Kei Nishikori)の2回戦での対戦相手がダニエル・エヴァンス(Daniel Evans、英国)に決まった。

エヴァンスは、ダスティン・ブラウン(Dustin Brown、ドイツ)を6-1、6-1で一蹴し勝ち上がりを決めた。錦織を含む32人のシード選手は1回戦が免除となっており、2回戦が初戦となる。

同日行われた試合ではカイル・エドモンド(Kyle Edmund、英国)がガストン・エリアス(Gastao Elias、ポルトガル)を6-1、6-3で退け、大会3連覇中の第2シード、ノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)との対戦を決めている。また、第9シードのロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)はステファン・ロベール(Stephane Robert、フランス)との初戦を迎えることが決まっている。
【翻訳編集】AFPBB News