開幕戦で2ゴールを奪った永井もノーゴールに終わった。写真:徳原隆元

写真拡大

[J2リーグ3節]千葉2-0名古屋/3月11日/フクアリ

 1年でのJ1復帰を掲げる名古屋が躓いた。3月11日に行なわれたJ2・3節の千葉戦。今季初のアウェーゲームに0-2で敗れ、初黒星を喫した。

 
名古屋は44分のセットプレーで千葉のDF西野貴治にゴールを奪われ、0-1でハーフタイムを迎えた。その後、なんとか1点を返そうと、後半開始からワシントン、58分に玉田圭司、67分にフェリペ・ガルシアと次々に攻撃的な選手を投入する。しかし、ゴールは遠く、終了間際の90+3分にカウンターから清武功暉にトドメの2点目を決められて万事休した。
 
 この試合で3試合連続でのスタメンとなった佐藤寿人も不発に終わり、風間体制初の黒星。名古屋は3節を終えた段階で1勝1分1敗の勝点4に止まり、スタートダッシュとはならなかった。

【千葉2-0名古屋 PHOTO】