11日に大阪・京セラドームで開催のNMB48復興支援イベント。スペシャルライブ2ステージ目はTeam B II(久代梨奈、沖田彩華、明石奈津子、石塚朱莉、井尻晏菜、植村梓、太田夢莉、城恵理子、武井紗良、藤江れいな、村瀬紗英、村中有基、森田彩花、矢倉楓子、研究生:清水里香、上西怜)が登場した。

ライブで盛り上がる6thシングル『北川謙二』からスタート。『オーマイガー!』、そしてTeam B IIの楽曲『Let it snow!』、1stアルバムタイトル曲『てっぺんとったんで』『とアッパーチューンをノンストップでお見舞い。4月に大阪と、地元千葉で卒業コンサートを控える藤江れいなも、弾ける笑顔で全力パフォーマンス。次にタオルをぶん回す『ひこうき曇』でステージを所狭しと飛び回った。会場はチームカラーのブルーのサイリウムが乱舞し最高潮に。

48グループ「誰かのためにプロジェクト」では2011年から被災地訪問を行っているが、今年はTeam B IIから矢倉楓子が宮城県山本町を訪問した。「何度か訪問させていただいていますが、逆に私の方が元気をいただいています。今回もちびっ子たちが一緒に歌って踊ってくれて、笑顔な時間をいただきました」と報告した。

そして最後はAKB48の名曲『大声ダイヤモンド』が告げられると、会場からは嬉しい悲鳴が大きく上がった。「推しメンへの気持ちを叫んでくださーい!」と煽り、大盛り上がりのうちにTeam B IIのステージは幕を閉じた。