札幌の元日本代表MF稲本潤一、右ヒザ手術で全治5カ月…昨季に続く長期の負傷離脱

写真拡大

▽北海道コンサドーレ札幌は11日、元日本代表MF稲本潤一が右ヒザ外側半月板損傷・右膝軟骨損傷と診断され、7日に札幌市内の病院で手術を受けたことを発表した。全治5カ月の見込みだ。

▽昨年6月4日に行われたジェフユナイテッド千葉戦で全治8カ月の右ヒザ前十字靱帯断裂の重傷。今年1月の沖縄キャンプで長期離脱からようやく復帰していたが、再び大ケガでチームから離脱することになった。