ジュビロ磐田の中村俊輔【写真:Getty Images】

写真拡大

 11日に行われている明治安田生命J1リーグ第3節の大宮アルディージャ対ジュビロ磐田戦で、磐田の元日本代表MF中村俊輔が移籍後初ゴールとなる先制点を記録した。

 試合開始から4分、磐田はペナルティーエリア手前の中央やや左寄りの位置でフリーキックを獲得。中村が得意の左足で放ったシュートがゴール右隅に突き刺さった。

 横浜F・マリノスから今季磐田へ移籍した中村は、加入から3試合目での初ゴール。J1での直接FKによる通算得点数はこれで23点となり、自身の保有するリーグ最多記録をさらに更新している。

text by 編集部