春のイメージとしては何か希望に満ち溢れたものを連想しがちですが、わたしたちの精神面の健康においては、非常に危険な季節であることを覚えておかねばなりません。春に何か不安、イライラ、焦燥感、無気力、抑うつ感といったものを感じた覚えはありませんか?

春はその季節ならではの特徴により、精神に不調をきたしやすい性質をはらんでいるのです。なぜ精神に不調をきたしてしまうのか、またそれを回避する方法について紹介したいと思います。

気温や天気の自律神経への影響

春は冬からの寒暖差が激しく、気温が上昇したと思ったらまた急激に冷えてしまったりと、温度変化の著しい季節であります。更に春の天気は気まぐれで、それがまた温度変化に拍車をかけることとなります。こういった気温や天気の変化にも、わたしたちの自律神経はフル稼働し、なんとか身体をこの変化に対応させようとします。

しかし体調や生活習慣的に万全でない方は、この変化に身体が対応できず自律神経を狂わせてしまうことが頻繁にあります。自律神経は身体の恒常機能のほか、精神面・情緒面をコントロールしています。この自律神経が狂ったとなると、先ほど挙げた、不安、イライラ、焦燥感、無気力、抑うつ感などを生じ、精神の不調をきたしてしまうこととなります。

環境の変化がメンタルを圧迫する

春が訪れ進学、就職、引越しというように、生活環境に大きな変化が訪れる方もいることでしょう。もしこれら生活環境の変化を当人が楽しんでいたとしても、メンタルや自律神経には大きな負荷が生じています。これを自覚せずに身体面・精神面に負担を強いる行為を続けていれば、メンタルを圧迫し自律神経が疲弊することで、気づけば精神に不調をきたしてしまうこととなります。

精神の不調を回避するには

気温や天気の変化による自律神経への負担は、気温や天気の変化に対応できる準備を整えておくことで最小限にとどめることができます。その準備とは、日頃から自律神経を鍛えておくことです。自律神経はバランスの良い食事と十分な休養、適度な運動で鍛えることができます。

逆にこれらをおざなりにしていると自律神経が狂う要因となってしまうので注意が必要です。そして環境の変化によるメンタルの圧迫ですが、自身が環境の変化を楽しむ・楽しまないに関わらず、身体面・精神面を酷使するようなことはなるべくせず、十分な休息をとるよう心がけましょう。十分な休息もなしに精神の不調を回避することはできません。

ということで春こそ招きやすい精神の不調を回避する方法について参考程度に紹介させていただきました。春の陽気を感じつつも精神に不調を感じているというあなたは、以上の項目に注意した上で日常生活を送ってみてはいかがでしょうか


writer:サプリ編集部