日向ぼっこをするアリゲーター(出典:http://www.cbsnews.com)

写真拡大

「サンシャイン・ステート」とも呼ばれる米フロリダ州は、年間を通して暖かくリゾート地として人気だ。また湿地帯や湖が広がる地域には手つかずの自然が数多く残されており、ハイキングを楽しむ人も増えている。このたび州南西部に位置するサラソータのマイオークカ・リバー州立公園(Myakka River State Park)を訪れた写真家が、膨大な数のアリゲーターの撮影に成功し話題となっている。『insideedition.com』などが伝えた。

おびただしい数のアリゲーターが撮影されたのはマイオークカ・リバー州立公園で、一日に30人ほどしか入ることができない野生動物保護区域だ。片道2マイル(約3.2キロ)の道のりを歩くと「ディープ・ホール(Deep Hole)」と呼ばれる深さ134フィート(約40メートル)、幅200フィート(約60メートル)のシンクホール(穴)にできた湖に辿り着く。

運が良ければハイキングの途中でガラガラヘビやボブキャット、シカ、カメ、シチメンチョウなど様々な動物と出くわすチャンスがあるが、見どころはなんと言ってもこのディープ・ホール。乾季になると水とエサを求めてやってくる多数のアリゲーターの姿が観察できるからだ。

1月初め、保護区を訪れた英サセックス出身の野生動物写真家リー・ダルトンさんが撮影した200頭ほどのアリゲーターの写真は圧巻だ。ここ10年はカメラを片手に世界中を旅しているリーさんだが、その時の様子を興奮気味に語っている。

「ディープ・ホールに近づくにつれて腐った魚の臭いが鼻を突きました。そして何よりアリゲーターの数に圧倒されました。その日は水位が非常に低く、水辺には普段よりも多くのアリゲーターやハゲタカが集まってきていたようです。」

「冬でアリゲーターの動きが鈍いため危険を感じることはありませんでしたが、背後から襲われないようにと気を配りアリゲーターからは距離を置いていました。」

ちなみにアリゲーターは短距離なら時速35マイル(約56キロ)で走ることができると言われ、最低でも100フィート(30メートル)離れて観察することがここのルールであるという。水位が上がり繁殖期の4月になると、これだけの数のアリゲーターをディープ・ホールで見ることはできなくなるようだ。

フロリダでは昨年、南部のヘンドリー郡で、スイカ畑からスイカをくわえ逃亡するアリゲーターが捉えられ話題となった。また、レイクランドのハンター湖では人間の遺体をくわえたアリゲーターが目撃され大騒ぎとなっていた。

出典:http://www.cbsnews.com
(TechinsightJapan編集部 A.C.)