キム・ヒョナ、Dior化粧品を使ったメイクアップポイントを公開…“隠せない官能美”を披露

写真拡大 (全6枚)

歌手キム・ヒョナが5種類のリップカラーを完璧に自分のものにして、官能美を演出した。

Dior化粧品が最近、「VOGUE KOREA」とともに進めたグラビアでキム・ヒョナのメイクアップポイントを公開した。

公開されたグラビアで、キム・ヒョナはラズベリーピンクとピンク、オレンジ、レッド、ダークチョコレートカラーを塗って、色とりどりの魅力をアピールした。

キム・ヒョナはラズベリーリップでポイントを加え、大人びていながらも洗練された雰囲気を演出した。関係者によれば、透明ながらも鮮明に演出されるラズベリーカラーは、「ディオール アディクトラッカースティック #877 ターンミーディオール」だ。純粋と官能を一度に表現するためにキム・ヒョナが選択したカラーで、唇いっぱいに塗った後、目じりに「クラシックゴールドスパークル ディオールショウモノ #616 パルスアイシャドウ」を加えた。

愛らしいピンクリップメイクアップのアイテムは、「ディオールアディクトラッカースティック #674 K-キス」だ。Diorメイクアップクリエイティブ&イメージディレクターであるピーター・フィリップス氏が、コリアビューティーからインスピレーションを受けて誕生させたアイテムで、意味が格別だということが関係者の説明だ。Diorスキンフォーエヴァーのパーフェクトクッションで光り輝くなめらかな肌を完成させた後、Diorショウアイコニックオーバーカールをまつげにタッチして、ボリューム感を最大化させて洗練されたビジュアルを完成させた。

韓国人が好むコーラルカラーのリップを演出したりもした。「ディオールアディクトラッカースティック #554 ウェストコースト」を塗って、肌をすっきりと整えた。ここにほのかなサンドカラーのアイシャドウを塗った後、透明なリップグロズを上まぶたに塗ってグロッシーなアイメイクアップを完成させた。しっかりとカールしたまつげで目元を鮮やかに表現することがポイントだ。

果敢なレッドカラーと大胆なダークチョコレートカラーのリップスティックを活用したメイクアップで、一風変わった魅力を見せたりもした。「ディオールアディクトラッカースティック #757 アメリカンガール」で、カリフォルニアの太陽の下に立ったような雰囲気をかもし出した熱くて熱情的なレッドリップを完成させて、またショートカットとブラックスーツを着てマニッシュな雰囲気も演出した。ダークチョコレートカラーである「ディオール アディクトラッカースティック#924 ソヴァージュ」を塗って果敢な雰囲気をアピールしたりもした。

今回のグラビアでキム・ヒョナが使ったリップラッカーは、ブランド初のスティックリップラッカーで、鮮明なカラーとガラスのレンズのような透明な輝くリップが特徴だ。関係者によればリップフォンダン製造技術を利用して、唇に塗るや否やソフトなフルイドテクスチャーが溶け込み、一度のタッチでソフトかつ簡単に自身の個性を明確に表現することができる。これらの商品は韓国で最近発売された。