Microsoftが、同社のパーソナルアシスタントCortanaのiPhone版をアップデート、10日にリリースしました。

UI一新でより使いやすく

ご存知のとおり、iPhoneは最初からSiriを搭載しています。Cortanaは今回、使い勝手をよくすることによって、Siriの補佐、あるいは代替となることを目的としているようです。
 
最新版であるバージョン2.0.0では、より使いやすさを追求してユーザーインターフェース(UI)を一新、電話やSMSメッセージ、リマインダー機能が改良されました。

回答がフルページ表示に

パソコンでリマインダーを作成しておくと、CortanaがiPhoneでリマインドしてくれます。また画面全体に1日のリマインダーが表示されるので、ひと目で確認することができます。
 
もう1点大きく変わったのが、質問をしたときの回答がSiriと同じようにフルページ表示されるようになったことです。暇なときにはちょっとしたジョークも言ってくれるようです。
 
iTunes_1

Windows 10使用なら便利

AppleはiPhone用Cortanaが、Cortanaアプリ以外の場所では起動しないよう制限しているため、ほかの多くのiOSサービスと連携した利用ができません。そのためSiriを使わずにわざわざCortanaを使うというユーザーは少数派かも知れません。
 
しかしCortanaが統合されているWindows 10搭載パソコンを使っているなら、iPhone用Cortanaは便利な存在になるでしょう。
 
多言語対応という面では、CortanaはSiriにかなりの遅れを取っています。Siriが21言語に対応しているのに対し、Cortanaが対応するのは8言語となっています。
 

MS CortanaCortana
カテゴリ:仕事効率化
現在の価格: 無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
 
(lunatic)