2011年3月11日に発生した東日本大震災から今日で6年が過ぎたが、被災地では今なお懸命な復興が行われている。資料写真。

写真拡大

2011年3月11日に発生した東日本大震災から今日で6年が過ぎたが、被災地では今なお懸命な復興が行われている。震災当時、多くの支援や励ましの声が世界中から届いた。同年に行われた「第七回中国人の日本語作文コンクール」(日本僑報社主催)では、「がんばれ日本!―千年に一度の大地震と戦う日本人へ」が急きょテーマとして追加され、中国の学生から多くの温かい作文が寄せられた。6年前に思いをはせる今日、その中から一部をご紹介したい。

【その他の写真】

■「頑張れ、日本!」沈[女亭][女亭]さん(浙江外国語学院)
先生がいつもと違う重々しい顔をして教室に入ってきた。「皆さん、日本では大変残念なことが起こりました。マグニチュード9の地震に遭いました」と先生は声を震わせながら言いました。「皆さんは中国人として、日本語科の学生として、日本の方々に何かしてあげられないでしょうか」と先生は私たちに問いかけました。さらに「日本の大震災について投書を募集しているところなので、日本の方々に言いたいことがあったら、これで伝えてください」と言いました。私は生きるか死ぬかの分かれ目に、投書を送って何の役に立つのだろうかと思いました。

今の日本は怪我と食料不足で苦しんでいるのではないか。1枚の紙よりももっと必要とされるのは食べ物や薬や水ではないだろうか。クラスのみんなから少しずつお金を集めれば、日本の方の食費や医療費を送ることができるかもしれない。子供たちに毛布や布団を買って送られるかもしれない。先生は私の心を見抜いたように、「人間が生きるためには最も重要な条件は何でしょうか。水ですか、それとも食べ物ですか。そうではない。勇気ですよ」と丁寧に教えてくれました。生きてさえいれば、これから立ち直すことなんかいくらでもできる。ただ、生きていく勇気を失ったらもう何もないのだ。家や家族を失った痛みに耐え、食べ物や着るものの足りない状況を乗り越え、元気を出して生きていくには、最も大事なのは他でもなく、勇気だと先生がおっしゃったのを聞いてつくづくそう思いました。

今の日本の方々は歴史的な危機に直面しているところだと思います。日本の皆さん、心が疲れてしまったら、世界の友人の肩に寄りかかってゆっくりと休憩してください。苦しみに耐えられなくなったら、友人の胸を借り大声で泣いてください。私たちはいつまでもあなた方のそばにいますから。ただ、一つだけ心に留めていてほしい言葉があります。「いくら疲れても絶対に勇気を捨てないてください」。次の春が来る時、倒れた桜の木はきっとまっすぐに立ち直り、満開の姿で人々に日本の美しさをもう一度見せてくれると確信しています。頑張れ、日本!

■「世界に伝えたい、日本的精神」李桃莉さん(曁南大学)
地震による津波は見る見るうちに家々を破壊してしまった。日本人にとって、失った物は計り知れない。それでも、日本人は冷静沈着に対処している。被災者同士で助け合ったり、慰めあったりしていた。物資を配給する時も、じっと耐えて、列に黙って並んでいた。暴動、窃盗などは起こっていなかった。道路でも誰もが譲り合い、穏やかに運転している。史上最大の地震にあっても落ち着いていて、秩序を保つことや礼も捨てないで、他者をいたわる優しい日本人に、私は心を打たれた。人を助けるためであれば自己を犠牲にしてもかまわないという偉大な行為が、世界を感嘆させた。各国のメディアが日本人を褒め称えた。

歴史を振り返ると、戦後最大の都市的災害――阪神大地震があった。この大震災を教訓として、政府や教育機関、企業などでは防災訓練や教育などを行い、危機対応能力を強化した。過去の辛い経験から得た教訓で、冷静沈着、団結の心を持つ民族性が出てきたのであろう。日本国民はいつも礼儀があり、親切な感じを与える。その上、自分自身を見つめ直し、自己認識を深めていた。短所や不足を克服して、他人の長所を習得していた。そして、習得したものがだんだん日本的なものになって、独創性豊かな民族になった。新渡戸稲造によると、武士道の基本理念は、「義」、「勇」、「仁」、「礼」などがある。そのいずれもが今回の震災で日本人が世界に体現したことである。

物を直すことは容易に出来るが、人の心の傷は容易に治ることはない。しかし、私は強い心、「侍魂」を持っている日本人を信じる。「限界というものは人の心がつくるものだ」。かつて日本人が教えてくれたことがある。敗戦国だったが、10年ぐらいで一つの経済大国になった。奇跡的な国だといっても言いすぎではないだろう。だから、被災者のみなさんは、一緒に辛い日々を乗り越えて元気を取り戻し、前向きに微笑みながら、新しい一歩を踏み出してほしい。心を合わせて、新たな日本を作り出して、輝く未来へ進んで行ってほしい。世界に伝えたい、これが日本的精神だ。
(編集/北田)

※本文は、第七回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集「甦る日本!今こそ示す日本の底力」(段躍中編、日本僑報社、2011年)より。文中の表現は基本的に原文のまま記載しています。なお、作文は日本僑報社の許可を得て掲載しています。