浦和のラファエル・シルバと甲府の橋爪勇樹、J1通算50試合出場達成

写真拡大

 10日に行われた明治安田生命J1リーグ第3節で、浦和レッズとヴァンフォーレ甲府が対戦。ホームの浦和が4−1と快勝した。

 埼玉スタジアムでの一戦で、2選手が節目の記録に到達した。浦和のブラジル人FWラファエル・シルバ、そして甲府のDF橋爪勇樹がJ1通算100試合出場を達成した。

 R・シルバと橋爪は先発メンバーに名を連ね、フル出場。R・シルバはチーム4得点目を決めた。開幕3試合で4ゴールと、得点ランキング首位に立っている。

 3試合を終えて2勝1敗の浦和は次戦、15日にAFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節で上海上港と敵地で対戦。リーグ戦の次節は19日、ガンバ大阪とのアウェーゲームに臨む。

 開幕3試合で1分け2敗となった甲府は次戦、15日にJリーグYBCルヴァンカップ・グループステージ第1節でサンフレッチェ広島と対戦。リーグ戦の次節は18日、大宮アルディージャをホームに迎える。