首位と4打差につけるイ・ボミ、後半で巻き返しはなるか(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディス 2日目◇11日◇土佐カントリークラブ(6,228ヤード ・パー72)>
国内女子ツアー第2戦「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディス」の第2ラウンド。全選手がハーフターンし、キム・ハヌル(韓国)、青木瀬令奈、福田裕子がトータル5アンダーで首位を並走している。
1打差4位タイに2014年の覇者・一ノ瀬優希、小林咲里奈、2打差6位タイに笠りつ子、葭葉ルミ、鈴木愛、森田遥、金田久美子がつけている。
【フォトギャラリー】現地からLIVE配信でお届け!気になるあの選手をライブフォトでチェック!
昨年覇者のイ・ボミ(韓国)は3連続ボギーでスコアを1つ落とし、後半10番時点でトータル1アンダー22位タイ、開幕戦の「ダイキンオーキッドレディス」を制したアン・ソンジュ(韓国)も2ストローク落とし、同順位に後退している。
ホステスプロとして今季初戦に挑んでいる森田理香子は、12ホールを消化し2バーディ・1ボギーとスコアを1つ伸ばし、トータル1オーバー34位タイとしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

「2アンダーは良いスコア」昨年覇者イ・ボミは納得の滑り出し
キム・ハヌル、好相性の地で狙うはリベンジ&両親へ1週遅れのプレゼント
「前半一番のチャンス」鈴木愛、リベンジかかる一戦は今季を占う試金石
成田美寿々に葭葉ルミ 増える若き “地クラブ女子”
最新ドレス写真も追加!オフショット見るなら女子プロ写真館