2011年3月11日に発生した東日本大震災から今日で6年が過ぎたが、被災地では今なお懸命な復興が行われている。写真は上海で行われた募金活動。

写真拡大

2011年3月11日に発生した東日本大震災から今日で6年が過ぎたが、被災地では今なお懸命な復興が行われている。震災当時、多くの支援や励ましの声が世界中から届いた。同年に行われた「第七回中国人の日本語作文コンクール」(日本僑報社主催)では、「がんばれ日本!―千年に一度の大地震と戦う日本人へ」が急きょテーマとして追加され、中国の学生から多くの温かい作文が寄せられた。6年前に思いをはせる今日、その中から一部をご紹介したい。

【その他の写真】

■「王君の『頑張れ日本』」胡万程さん(国際関係学院)
東北大震災発生後、僕は中国の大学生が集うBBSに「頑張れ日本、災害に負けるな。一日も早い復興を」と書き込んだ。すると、友人からも次々に応援する書き込みがあった。そこへこんな書き込みが入ってきた。「ざまみろ」。ショックだった。コメントしたのは、高校時代の同級生の王くん。彼は「憤青(民族意識が強い若者)」と呼ばれている。僕や他の友人たちは反論した。「それでも人間か」「最低だ、同じ中国人として恥ずかしい」。すると王くんは「俺は日本人を恨んでる。じいちゃんは日本鬼子に殺された!日本は敵だ。日本は死者が2万人を超えるかもしれない?たった2万人じゃないか!南京大虐殺の死者は30万人!しかも、虐殺されたんだ!」。僕は返事に詰った。

その後、僕は中国のネットで悪意のあるコメントを何度も読み返した。そして気がついた。この人たちは日本について、侵略戦争のことくらいしか知らないんだと。その日の夜、王くんにメールを書いた。東北大震災について、四川地震の時の日本救援隊について、日中関係について。写真や映像を添えて送ったが、返事はなかった。このことを忘れかけたころ、ようやく王くんからメールが返ってきた。「全部見たよ。ショックだった。家屋の残骸、火災、川に浮かぶ車、両親を失った子供の顔、助けを待つ老人。悲しかった。送ってくれた映像で津波を初めて見た。声も出なかった。それに四川地震の時、日本救援隊が一番早く災害地に来てくれたのか。知らなかったよ。この前はひどいことを言ってごめん」。

王くんはBBSにも「再び日中戦争が起きたら俺は銃をとって最前線で闘う。しかし、もし日本が再び災害に遭ったら、担架をかついで被災地の最前線で日本人を救う。頑張れ日本!」とコメントを書きこんでいた。王くんも「頑張れ日本」と言ってくれた。僕は被災した人を助けることはできなかった。しかし、小さな「頑張れ日本」の行動ができた。中国の青年の一人として、僕は心から周りの人たちとともに日中にとって役に立つことをしたい。寄付も、エールを送ることも、友達の見方を変えることも。僕は僕にできる日本救援をする。

■「頑張れ日本」顧威さん(中山大学)
4月の広州はもう暑かった。その日、私は日本人留学生が発起した、東北大震災の募金活動に、中国学生側のボランティアとして参加した。募金会場は校門と食堂の間。近くの住民もよくそこを通った。掲示板に張られたポスターは真ん中はオリーブの枝を銜えている平和の鳩で、下で中国と日本の国旗が交差していた。ポスターをじっと見つめた私は考え込んでいた。募金をしてくれる人はいるかな?そして、なぜ日本人を手伝うのかと責められたらどうしよう。

私とペアになったのは卵顔をしている恵美子という留学生だった。3月末に中国に来たばかりだそうだ。恵美子は「中国人はみんな親切だから、きっと大丈夫」と私に微笑みかけた。その時、向こうから4、5歳ぐらいの男の子が走ってきた。若く見えるお母さんがついていた。恵美子は子供に手を振りながら、「こんにちは」と言った。その子はまじめな顔をして、「ドラえもんは無事なの?」と言って目を丸くしていた。私は思わず笑ってしまった。恵美子はしゃがんで、「大丈夫だよ!タケコプターをつけて飛べるから!」と言った。男の子はほっとしたように笑った。「そうだ!ドラえもんに何か伝えたいことがある?メッセージを書いてくれたら私が届けてあげるよ」。私はカードとカラー鉛筆を渡した。中国人のメッセージを集めるために用意したものだった。男の子は喜んで道の傍らに座って描き始めた。

「2人とも日本人ですか?」とお母さんが話しかけてきた。説明すると「中国人もいるんですね。でも、どうしてボランティアをしているんですか?」と聞かれた。私は「募金活動がうまくいくようにお手伝いしようかと思ったんです。災難の前ではみんな同じでしょう」と答えた。「そうですね。四川大地震の時、私たちも外国から助けてもらいましたよね。あの子も地震に関心を持っているようです」と笑いながら、息子の方を見た。優しいお母さんと可愛い息子さんを見て、私はちょっと感動した。先ほどの不安は私の心が狭いからではないかと思った。「兄ちゃん、はい!」。男の子のカードに描かれていたのは、ドラえもんが子供たちと手を繋ぎ、空を飛んでいる絵だった。お母さんは50元札を募金箱に入れて、「お兄ちゃんとお姉ちゃんにサヨウナラを言って」と言い、男の子の手を握った。暖かい光を浴びながら歩いていく母子の後ろ姿を見送りながら、私は心から「ありがとう」と言った。
(編集/北田)

※本文は、第七回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集「甦る日本!今こそ示す日本の底力」(段躍中編、日本僑報社、2011年)より。文中の表現は基本的に原文のまま記載しています。なお、作文は日本僑報社の許可を得て掲載しています。