使命に生き、今を受け入れる。KEMURI伊藤ふみおのパンク精神

写真拡大

再結成から約5年が経ち、スカパンクバンド・KEMURIがさらなる高みに達した。ヴォーカルの伊藤ふみお曰く、「信じれば叶うってことを重たく捉えすぎず、真に受けてやっている」という姿勢こそが、彼らが提唱するPMA(Positive Mental Atitude)の本質だろう。そう、いつだって彼らは真剣だ。2000年代、ほぼ毎年のように出演していたフジロック・フェスティバルのステージ、そして再結成後のAIR JAMのステージ、昨年のワールドツアーなど、国内・海外問わず、どんな場所でも「勝負」を挑んできたのだ。その成果が凝縮されたアルバム『FREEDOMOSH』を引っさげ、また新たなツアーに臨む彼ら。リハーサル真っ最中の伊藤に話を聞いた。

「ほとんどの人が使命感のようなものを持って仕事をしているわけだけど、その中から生まれてきた等身大の自分というやつが、そのうち自然と形になってくる」

KEMURIの通算12枚目となる最新アルバム『FREEDOMOSH』がリリースされた。このアルバムが凄いところは、冒頭から最後まで新鮮な気持ちで楽しく一気に聴けること。バック・トゥ・ザ・ルーツなスカパンクを軽快に鳴らしているが、それ以上に洗練されたフレーズやアレンジが随所にビシバシと冴え渡り、ここ数年の活動をフィードバックさせた2017年のKEMURIサウンドに仕上がった。一方、アートワークは1990年代後半のメロコアやスカパンクのレコード・ジャケットを思わせる雰囲気だし、昔からのファンを納得させる「秘伝の味」はやっぱり健在。「懐かしいけど、新しい」という感覚が絶妙なバランスでまとまった一枚と言える。

KEMURI再結成後、やっといいものができたという確信がある

─2015年にリリースされた前作『F』は結成20周年という節目で、KEMURIの集大成的サウンドを踏まえてバンドの次が示されていたと思うんです。今回のアルバムは自分たちの「型」をしっかり出しきっているというか、懐の深さもあるし、さらなる高みに自然と達した感じがしました。

伊藤ふみお(以下、伊藤):20周年という節目に合わせて『F』を作ってからの2年間、自分たちのツアーをやったり、アメリカからバンドを呼んだり、いろんなことがあって、その真ん中に『F』というアルバムがあった。2016年はアメリカやイギリスでライブをして、海外にチャレンジすることがテーマで。そういった複雑な思考回路の中、自然と「次はもっといいアルバムを作ろう」という気持ちになったんだと思う。一連の活動で気づいたそれぞれの音楽愛が「KEMURI愛」に昇華していって、いろんな断片を寄せ集めて出来上がったアルバムが『FREEDOMOSH』です。当然、これまで以上に腹をくくった感はあるかもしれない。

─再結成して5年目となり、バンド内の雰囲気も良くなってきているんじゃないですか。

伊藤:やっとだなぁ、なんかバンドらしくなってきたと感じるのは。この5年間は同じ7人のメンバーだからね。スカパンクのバンドってギターやベース以外にホーンも入るから人数が多くて、それが理由ってわけではないけど、古今東西のスカパンク・バンドはメンバーチェンジが多いという宿命があるんです。我々にしてもファースト・アルバムとセカンド・アルバムでガラッとメンバーが変わってるし、サード・アルバムでまたメンバーチェンジがあったりとか。それを考えると、同じメンバーというのはすごく嬉しいよ。

─ギターとベースの強靭なバッキング、ホーン隊の流れるような旋律、エネルギッシュなヴォーカル。最強のコンビネーションですね。もちろん『F』もいいアルバムだということに変わりはないですけど、今回の『FREEDOMOSH』は強さが際立ってるなと。

伊藤:前作に比べてメンバーがお互いに向き合ってる感じはあるし、もっといいものを作ってやるという気持ちが高まってると思う。バンドとして上昇気流に乗って、右肩上がりのいい雰囲気の今があるから。まあ、すぐにやろうと思ってできることばかりじゃないからね。再結成してから、これだけの時間かけてやっと作れたものというか、いいものができたぞという確信があるし、それはいいことだと思う。

KEMURIの音楽が一番カッコいいと思ってるし、KEMURIは一番好きなバンド

─今は4月からのツアーのリハーサル中ですが、バンド史上もっとも細かくこだわった内容になるそうですね。このタイミングでそういうモードにさせるってことは、何か不思議な力がありますね、『FREEDOMOSH』には。

伊藤:ありますね。今まで、こんなに細かくリハーサルをやったことないから。新しいアルバムの楽曲を演奏すると、これまでに何度も披露している曲のグルーヴ感もちょっと変わってくるんですよ。面白いもんです。やっぱりここでちゃんとした見せ方しておかないとマズイだろうっていう、前向きな感じはあるかな。それだけのアルバムができたわけですから。

─もともとKEMURIは海外指向が強いバンドですけど、そういう意味で昨年のワールドツアーは大きな気づきというか何かきっかけを与えてくれたのではないでしょうか。昨年夏にはHEY-SMITHの北海道ライブに出演したり、バンドとしてどうあるべきかを分からせてくれる機会も多そうですね。

伊藤:すべては繋がらざるをえないものなんだなっていう感じで、だから今ちゃんとやっておこうぜ、みたいなのがある。自分たちの中に前向きな危機感みたいなのがあって、ここに来ていろんな意味でしっかりやるようになってきていて。一回一回のライブで共演するアーティストのステージはしっかり見ておきたいし、いいところはどんどん盗んで取り入れていきたいっていう気持ちになってますね。

―ツアー中に新曲のアイデアを考えたり、歌詞に使えそうな言葉の断片を作ったりとか、そういうことはしているんですか?

伊藤:昔はノートに思いついた言葉を書いたりしてたけど、ここ10年くらいはぜんぜんやってないです。スマホで写真を撮るくらい。ツアーでイギリス行った時にイギリスの空を撮ったりとか、どうってことない風景写真。それを見直して、どんな気持ちだったかなって思い返したり。

─じゃあ、基本的にはアルバムを作るタイミングで「よし!」と向き合う感じなんでしょうか。自分の内面を探りつつ。

伊藤:そうそう。現在進行形の言葉じゃないとダメなんだよね。前に思いついた言葉を使うっていうのが、しっくりこない。なんとなくボヤーッと忘れずにいた感覚を、今の気分で言葉にして歌詞にしたいっていうのがあるわけですよ。だから、歌入れ直前のタイミングに言葉を変えることもある。それは楽曲も同じで、みんなギリギリまでアレンジ変えたりするし、今のKEMURIはそういう感じでやってますね。

─ギリギリまでということは、曲順を決めたりミックスをする時だったり、大変な部分もあったと思うんですけど、そのへんはどうでしたか?

伊藤:前向きな意味ですけど、消耗はしますよ。バーンアウトする、燃え尽きに近い感じがあります。で、アルバム制作が終わったら終わったでリハーサルがあって、ツアーの初日まで、ヒタヒタした作業が半年くらい続くわけです。うんざりする時もあるんですけど、その繰り返しが好きなんだなって(笑)。

─(笑)追い込まれたほうが本領発揮するケースもありますからね。

伊藤:ライブが好きだし、KEMURIの音楽が一番カッコいいと思ってるし、KEMURIが一番好きなバンドだからね。だから続けられるんだと思う。

─今もフレッシュな感覚を持ちながら、そうやって夢中になれるアルバムを作ることができる。バンドとしては理想ですね。

伊藤:本当にね。思ってもないことって起こるもんだなぁと。それを実感するからこそ、今はなるべく良いことを想像しようと思ってる。それでも予想できないようなことが10〜20年後には起こってるんだろうし、そんな気持ちでいろんなことを想像してます(笑)。

─想像したことを一つずつ実現していくのは大変そうですが。

伊藤:まあでも、明言してるからね。僕っていうか、我々って言ってしまうけど、信じれば叶うってことをKEMURIは歌ってるわけで。でも、案外そういうもんなんですよ。オカルトちっくな話じゃなくて、信じれば叶うってことを重たく捉えすぎず、真に受けてやってる。だから皆が良いと思うこと、好きだと思うことをなるべくたくさんやれる場にしたいよねっていう話はよくするんだけど。

「頑張って夢を叶えるぞ!」からの変化の背景

─パンクって攻撃的で刹那的な一面もありますが、例えばKEMURIの音楽を昔聴いていたファンが子供を連れてまたライブに足を運んでくれたりとか、ずっと変わらずに仲間を大切に思う気持ちとか、継続性みたいなのも大切な要素ですよね。続けているだけで意味が生まれるというか。

伊藤:ねえ。20年前には考えたことなかったけどね。事実、ほんと初期のKEMURIのライブに毎回来てたファン同士が結婚して子供も誕生して、その人たちとは家族ぐるみで未だに付き合いがあったりするし、そんなことあるんだなと自分でも驚きますよ。今回のアルバム『FREEDOMOSH』はディセンデンツのビル・スティーヴンソンのスタジオで制作したんだけど、その時にビルが「なあフミオ、バンドっていうのは不思議なもんだよ。結成してから30年以上経つのに、周りからはよく働くなって笑われるくらい今もアルバムを作っているし、南米ツアーに行ったら大歓迎されるんだから」って話してくれて。「自分たちでは想像もしなかったことが起こるんだ」と。我々も前から南米に行きたいとは思ってたけど、なかなか実現していない。だから、そういう話を聞くと本当に南米に行けるかもしれないし、もしかしたら行けないままかもしれない。どっちに転ぶか分からないんだったら、実現できるように頑張るしかないじゃんってことなんだけど。


PHOTO:TERUMI FUKANO

で、そういった話から生まれたフィーリングがアルバムの歌詞のベースにはあるんです。前は違って、絶対に何があっても頑張って夢を叶えるぞ!って感じだったのに、こうなったのは加齢なのか何なのか分からないけど、でも自分たちにとってはすごく説得力がある変化だなと思う。それを受け入れているからこそ、新しいアルバムのサウンドにも言葉にもすごく深みがある。男なんて仕事でもそうじゃないですか。ほとんどの人が使命感のようなものを持っているわけだけど、その中から生まれてきた、使い古された言い方をすると等身大の自分というやつが、そのうち自然と形になってくる。だから説得力のあるものになるんだろうし、自分たちのアルバムもそういう感じだと思うな。

─なるほど。

伊藤:フェスとかでいろんなバンドを見てると、若いってそれだけでカッコいいんだなって思うことばかりだよ。ただ、KEMURIを大好きで応援してくれる人の熱量――我々の熱が彼らを熱くさせるのか、彼らの熱が我々を熱くさせるのか、どっちが先なのかは分からないけど――そういうのも含めて「まだまだ負けねえぜ、やってやるぞ」っていう風に、決着をつけずにもがき続ける。それがあるから、今のKEMURIはすごくカッコいいと思う。ファースト・アルバム出して今年で20年ですからね。解散を経て辿り着いたのが今回のアルバムということで、これが我々にできることの一つだったんだってすごく強く感じます。

世界中にある素晴らしい景色、その破片を集めてくる

─アルバム収録曲だと「RAINDROP」がとても好きなんですが、疾走感と力強さがあるのに、力みが一切ないというか、すごく自然なスタイルでカッコよくスカパンクを鳴らしている。このクオリティはKEMURIならではのものだと思いました。

伊藤:この曲はギターのT(田中T幸彦)が作ったんだけど、Tはもともと初期メンバーでファーストの『Little Playmate』をリリースして、セカンドの『77 Days』を出した後のUSツアーに行く直前に辞めた人なのね。その後は、南(英紀:現Ken Yokoyama Band)がバンドに加入して活動を続けてきたから、再結成してまたTがバンドに戻ることになった時、プレッシャーが結構あったらしいんだよ。でも、そんな中でもギターを弾き続けて、いい曲を作ろうと頑張ってきた。だから「RAINDROP」のデモを聴いた時、すぐにTに電話して「この曲めちゃくちゃいいから、絶対に形にしたほうがいいと思う」って伝えたんです。

─そしてまた「このメロディにこの歌詞が乗るのか!」っていう心憎いアプローチ。まるでミュージカルを見ているかのようなロマンチックな感じがあるなと。

伊藤:すごく美しいんだけど、ちょっと切ないでしょ。メロディそのものが泉、井戸みたいなもので、そこからインスパイアされて自分の中にある情景を置いていくみたいな。

─「THUMBS UP!」「My Best Friend」「SHOUT」といったPMAを感じるメッセージ性の強いナンバーにも奮い立たされるものがあるけど、「RAINDROP」「CHOCOLATE」「DIAMOND」のような情景が目に浮かぶ曲っていうのも、ふみおさんの歌詞の特徴ですよね。

伊藤:「RAINDROP」も実際に見た景色がベースになっているし、イギリスツアーに行った時、川のほとりに佇んでる女の子がいて、その光景を歌詞にしたのが「DIAMOND」ですからね。そう考えると歌詞は全部ノンフィクションなんですよ。実際にこの世界にある景色を切り取ったものだから。古今東西、世界中に素晴らしい景色があって、その破片を集めてくるような――。そういう感覚も自分がこのアルバムで表現したかったことの一つなんだよね。高揚ばかりじゃないというか。

─さっきツアー中にスマホで写真を撮るって話してくれましたが、自分が見た景色っていうのは結構覚えてるものですか?歌詞を書く時にパッと浮かんできたりとか。

伊藤:そう、これが不思議なもので、実際にあるんですよ。「RAINDROP」もいい曲にしたいって思いが強すぎたのかもしれなくて、なかなか歌詞ができなかった。そんな時、スタジオで皆がまだ寝ている中、早起きしてコーヒー飲みながらスタジオの片隅でノートパソコンを開いた瞬間、パッと浮かんだんだよね。その情景が。

パンクである以上、通さなくちゃいけない筋がある

─KEMURIの音楽はスカパンクですけど、とても自由ですよね。サウンドのアプローチも歌詞の世界観も。

伊藤:自分らはパンク・バンドらしいバンドじゃないけど、スカパンクをやっているわけで、パンクという言葉が入ってる以上、通さなくちゃいけない筋みたいなのがあるような気がするわけ。そこは意識しながら、常にいろんなことを考えてますよ。

─では、その一つの答えが4月からのツアーを通してまた明らかになるわけですね。

伊藤:そうそう。現時点での我々が『FREEDOMOSH』ですから。

─ツアーの前に3月にはKen Yokoyamaとのツーマンがありますね。ツアー直前というバッチリのタイミングとなったわけですが。

伊藤:そうですね。まあ、ヘッドライナーがKen Yokoyamaで、フロントアクトで出させてもらうKEMURIという立場ですから。トリのバンドを食いにいくっていう、もうその強い気持ちだけです(笑)。

─(笑)4月からのツアーに向けて、いいタイミングでしたね。

伊藤:そうそう。すごくいいタイミングなんじゃないかなと思う。Yokoyamaくんは、近いようでそんなに近くない、まあ不思議な存在だから。それにKen Bandには南がいるしね。いろんな意味で楽しみです。

─全国24カ所をまわるKEMURI Tour 2017「FREEDOMOSH」、楽しみにしてます。

伊藤:お客さん何人いるんだよっていうくらいの時代から、たくさんの人が集まるようになった時代まで、いろんな景色を時代ごとにライブで見てきて、それらは音楽にしっかり繋がっていくものだっていう実感がある。だから、今の自分たちの前に広がる景色は何なんだろうというワクワク感とドキドキ感、それがすごく楽しみですね。今回はチャレンジするタイミングだと思って、リハーサルも綿密にやっている。その結果が伝わるように今もリハーサルを頑張ってやっているので、ライブは楽しみにしていて欲しいです。

KEMURI
伊藤ふみお(ヴォーカル)、津田紀昭(ベース)、平谷庄至(ドラム)、コバヤシケン(サックス)、田中T幸彦(ギター)、河村光博(トランペット)、須賀裕之(トロンボーン)。1995年結成。1996年、ロードランナー・ジャパンより1stアルバム『Little Playmate』リリースし、その後計4枚のオリジナル・アルバムと1枚のライヴアルバムをリリース。2003年4月、ユニバーサル・ミュージックに移籍、7月にシングルをリリースしたが、ツアー中の事故により、活動休止を余儀なくされる。2004年9月、5thアルバム『CIRCLES』をリリースし、復活。2007年、エイベックスに移籍し、8thアルバム『our PMA』をリリース。2007年12月初頭のツアー最終公演(12月9日・Zepp Tokyo)を持って解散。2012年9月、Hi-STANDARDからの呼びかけに応じ、「AIR JAM 2012」にて約5年ぶりに復活。2013年1月、ギター・南英紀(現Ken Yokoyama Band)の脱退と初代ギター・田中T幸彦の復帰を発表。2013年6月、復活第1弾となる9thアルバム『ALL FOR THIS!』リリース。2014年、10thアルバム『RAMPANT』リリース。2015年4月、17年振りのUSツアーを敢行(西海岸5カ所)。同年7月、11thアルバム『F』リリース。2016年にはワールドツアーを行い、2017年3月に12thアルバム『FREEDOMOSH』をリリースした。

KEMURI Official Home Page
https://kemuri.com/


『FREDDOMOSH』
KEMURI
ONECIRCLE
発売中

KEMURI Tour 2017「FREEDOMOSH」
2017年4月1日(土)長崎県 DRUM Be-7
2017年4月2日(日)福岡県 DRUM LOGOS
2017年4月7日(金)石川県 Kanazawa AZ
2017年4月8日(土)長野県 Sound Hall a.C
2017年4月14日(金)千葉県 KASHIWA PALOOZA
2017年4月15日(土)愛知県 DIAMOND HALL
2017年4月22日(土)滋賀県 SHIGA U★STONE
2017年4月23日(日)兵庫県 神戸VARIT.
2017年5月13日(土)北海道 CASINO DRIVE
2017年5月14日(日)北海道 札幌PENNY LANE24
2017年5月19日(金)埼玉県 HEAVENS ROCK さいたま新都心 VJ-3
2017年5月20日(土)埼玉県 HEAVENS ROCK Kumagaya VJ-1
2017年5月21日(日)千葉県 千葉LOOK
2017年5月26日(金)栃木県 HEAVENS ROCK Utsunomiya VJ-2
2017年5月27日(土)宮城県 Rensa
2017年5月28日(日)岩手県 Club Change WAVE
2017年6月2日(金)大阪府 なんばHatch
2017年6月10日(土)広島県 広島CLUB QUATTRO
2017年6月16日(金)新潟県 新潟LOTS
2017年6月17日(土)福島県 郡山HIP SHOT JAPAN
2017年6月24日(土)静岡県 LiveHouse 浜松 窓枠
2017年7月1日(土)香川県 DIME
2017年7月2日(日)愛媛県 松山サロンキティ
2017年7月9日(日)東京都 新木場STUDIO COAST