最終R出場圏内の6位Tでホールアウトした桑田真澄氏(提供:大会事務局)

写真拡大

<ISPS HANDAニュージーランドオープン 3日目◇11日◇ミルブルックGC&ザ・ヒルズGC>
プロアマ戦が並行して行われるPGAオーストラレイジアツアー主催競技「ISPS HANDAニュージーランドオープン」の第3ラウンド。全選手がハーフターンし、日本ゴルフツアー機構(JGTO)から出場しているブラッド・ケネディ(オーストラリア)がトータル19アンダーで単独首位をキープしている。
【フォトギャラリー】ご利益アリ!?秩父山中で限定お守りをゲットせよ!
3打差2位に地元ニュージ―ランドのベン・キャンベル、4打差3位でJGTOのイム・ソンジェ(韓国)が追走している。
6人が予選通過を果たした日本勢は、トータル8アンダー31位タイにつけている武藤俊憲、梅山知宏が最高位。次いでトータル6アンダー50位タイの竹谷佳孝となっている。
武藤とペアを組みプロアマ戦に臨んでいる元プロ野球選手の桑田真澄氏は、トータル24アンダー6位タイと最終ラウンド出場圏内の10組に名を連ねてこの日の競技を終えている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

桑田&武藤ペアは辛くも予選を突破!18番で値千金のバーディ締め
「ガチャガチャでした」ショット乱れる石川遼、薄氷の予選通過
「ピッチャーとゴルフは似ている」5年ぶり出場の桑田真澄氏、ゴルフ上達へどん欲
石川遼が本日から3番アイアンに「Steelhead XR PROアイアン」を使用!
話題の『GBB EPIC』ドライバーは、本当に飛ぶのか? コースで試した試打インプレッション!