両チームのユニフォーム&ロゴがモチーフ

写真拡大

JVCケンウッドは、アニメ映画「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」とコラボレーションしたBluetoothイヤホン2モデルを、2017年3月中旬に直販サイト「JVC公式オンラインショップ」およびバンダイの直販サイト「プレミアムバンダイ」にて2000台限定で発売する。

バスケチーム「VORPAL SWORDS」「Strky」イメージの2モデル

バスケットボールがテーマの同作にちなみ、小型・軽量で汗に強い防滴仕様で、約7時間の連続再生が可能な「HA-EB10BT」をベースに、作中に登場するバスケットボールチームのユニフォームやロゴなどをイメージした2モデルを用意する。

「HA-EB10BT-ER(VORPAL SWORDS)」は、主人公・黒子テツヤや火神大我、赤司征十郎ら「キセキの世代」が中心の高校生ストリートバスケのドリームチーム「VORPAL SWORDS(ヴォーパル・ソーズ)」のユニフォームがモチーフの赤色。胸の"VS"のロゴとボトムスのデザインを施す。

「HA-EB10BT-EZ(Strky)」は、「キセキの世代」が在籍する5つの高校出身者、今吉翔一、笠松幸男らが結成した大学生チーム「Strky(スターキー)」のユニフォームをイメージした青色。普段使いしやすいシンプルなデザインを採用する。

ベースモデルの主な特長は、イヤーピースだけで安定した装着感の「ぴったりフィットイヤーピース」を採用し、周囲の音が聞こえやすい「オープン型」。9ミリ径の高磁力ネオジウムドライバーユニットを搭載し、クリアなサウンドを実現。ハンズフリー通話やスマートフォンのリモート操作が可能な3ボタン式リモコンを備える。

価格は6500円(税別)。