トヨタのGAZOO RACINGの総代表を務める豊田章男トヨタ自動車社長。恐らく日本の全上場企業の社長の中で車の運転が最も上手い人です。

今ではすっかり「ラリーのモリゾウさん」の印象が強くなりました。モリゾウさんは何故ここまで深くラリーに関わられることになったのでしょうか。

1

トヨタ自動車で働く中で「自動車会社の社員として車の評価能力を身に付けたい」との考えから同社のテストドライバーのトップだった成瀬氏(故人)に弟子入りをします。ブレーキングばかりの日々など、訓練を重ねて評価能力を磨き続け、ついにはニュルブルクリンク24時間レースに参加する程の技量に。

2007年のニュルブルクリンク24時間レースへの初出場の際には既に副社長のポストにあり、本名で出場すると色々…という事でこの名前でドライバー登録されたようです。

そして、4度この過酷なレースに挑戦し、全て完走。

一周20km以上(年によって変わります)180以上のコーナーと300mを越える高低差。ツーリングカーでも最高速270kmを越えるニュルブルクリンク(鈴鹿サーキットは一周5.8km 18コーナー 高低差60m弱)だけに結構な偉業です。

また、ニュルでピットが一緒になったアストンマーチン社の当時のCEO ベッツ氏との関係は、モリゾウ選手がアストンマーチン、ベッツ選手がレクサスLF-Aでレースをするほどの関係を築き、「IQ」をアストンマーチンで販売する「シグネット」のベースとして供給するまでに発展しました。

そんな、モリゾウさんこと章男社長が「ラリーカーと出会ってしまった」のは2012年5月のお台場・メガウェブで開催された「メガウェブフェスタ」。

イベントをサプライズ訪問をした際、予定になかった新型ラリーカーのデモランに同乗をします。それは、自身が前年の富士スピードウェイでお披露目をし、ラリーにデビューして間もない86。

その際「テストドライバー魂に火が付いた」のか、これまた予定になかった自ら運転しての試乗。ドーナッツターンに果敢に挑戦しますが、これがギリギリ決まらない。

残念な結果だったイベントからおよそ半年後、秋のメガウェブフェスタにもサプライズ登場すると再び86に乗りこみます。

この時はドーナッツターンを一発で決め、周りにいた歴戦のドライバー達もこれには驚きを隠せませんでした(イベントの翌日にアメリカでスピーチしていた…などとSNSで紹介されるほど、多忙を極める人です)。

これ以降ドーナッツターンはモリゾウさんの十八番となりました。 また、このイベントでラリードライバーのトークショーに参加した際、他の登壇者にラリーへの参加を誘われます。

その一ヶ月後、全日本選手権「新城ラリー」と併催された「TRD RALLY CHALLENGE」(現TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジ)でラリー競技に86でデビューします。

海外ラリー参戦の経験も豊富なコ・ドライバー、竹下紀子選手のサポートもあり、このイベントを無事に完走します。

ゴール直後、竹下紀子選手に 「ラリーって面白いねぇ!」と言ったそうです。 未経験だった新しい車の楽しみ方への第一歩を踏み出されました。

モリゾウ号は派手なカラーリングにメーカーのロゴが沢山貼ってありました。これはスポンサー…ではなく、日頃トヨタ自動車を応援頂いている取引先ロゴをお礼の気持ちで貼らせて頂いたとの事でした。

格好良かったからか、この仕様のプラモデルとRCカーが現在も販売されています。

翌2013年は同ラシリーズに全戦参戦。2勝を上げクラスチャンピオンを獲得します。当初は否定的な意見もあった「社長のモータースポーツ参加」ですが、周囲に「グループ会社以外の人も」ファンとして沢山集まるの知り、容認する方向に風向きが変わったそうです。

そして2014年には前年のファン感謝イベントTGRFにこっそり展示してあった新車でTRD RALLY CHALLENGEに参戦します。

冬季にはトレーニングで雪道での走行も実践されていましたが、4度のWRCチャンピオンを獲得したトミ・マキネン氏にも師事、更なるドライビングのスキルアップを図りました。また、マキネン氏のガレージで86を4輪駆動+ターボエンジンにカスタマイズしたスペシャルマシン「GR86X」は大きな話題となりました。

そんな中で人と組織の信頼関係が構築され、若手ドライバーの育成プログラムを委託、更にガズーレーシングのWRCラリーオペレーションを一任する事となった様です。

「車の味作り 」と「クルマは道が鍛える」を頻繁に口にされるモリゾウさんにとって、世界中の様々な道路に挑むWRC参戦と現場からフィードバックされる情報は「トヨタの車を魅力的にするため」に欠かせない要素になると考えられているのでしょうか。

そして遂に、18年ぶりのWRC復帰。ヤリスWRCは開幕戦でいきなり2位表彰台を獲得し、僅か2戦目での優勝をあげました。何より「2戦連続、2台揃っての完走」と期待以上の結果を出しました。

ヤリ−マティ・ラトバラ選手はドラバーズ選手権のランキングトップに立ちました。負け嫌いのモリゾウさんですが、優勝を重ねるよりも「全戦2台完走」を強く期待している気がします。それはきっと2回目の優勝より難しい事もご存知でしょうが。

今年のTGRFでラトバラ選手と一緒に笑顔でWRカーを操るモリゾウさんが見られる事に期待しましょう。

(川崎BASE)

【関連記事】

トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)が勝った「WRC」って、どんなラリー?【今さら聞けない!ラリーのイロハ・その1】
http://clicccar.com/2017/02/16/444791/

トヨタ優勝で盛り上がる「ラリー」って、どんなモータースポーツなの?【今更聞けない!ラリーのイロハ・その2】
http://clicccar.com/2017/03/04/444864/

トヨタは世界にWRC復帰を待望されていた!【今さら聞けない!ラリーのイロハ・その3】
http://clicccar.com/2017/03/05/446328/

意外なクルマもラリー参戦!? 国産ラリーマシン一挙紹介【今さら聞けない!ラリーのイロハ・その4】
http://clicccar.com/2017/03/10/451851/

「トヨタ車の味作り」にラリーは欠かせない!? モリゾウ選手のラリー遍歴【今さら聞けない!ラリーのイロハ・その5】(http://clicccar.com/2017/03/11/451922/)