20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内で自営業を行なっている沢口由紀さん(仮名・37歳)。清潔さを感じるショートカットに、カチッとしたスーツが良く似合うキャリアウーマンです。ハキハキとした言葉遣い、ナチュラルメイクにロゴなどで主張しないブランド物のバックを持ち歩く様は、さすが社長といった感じです。一見きつそうな印象を受ける、1番を好みそうな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は神奈川県で、両親と5歳下の妹との4人家族です。両親とも共働きで、妹の面倒をよく見ていましたね。妹とは今でも仲良しで、一緒に旅行に行くほどです。両親はそこまで厳しくもなく、放任でもなかったですね。自慢ではないですけど、そんなに勉強しなくても賢かったんです。なので、成績が良くて特に悪いこともしていなかった娘に対して、特に怒ることもなかったのかなと思います」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校2年生の時です。バレー部だったんですが、同じく男子バレーの同級生で、友達の彼氏の友達でした。部活終わりに一緒に帰ることが多くなり、お互いを意識し始めて、付き合おうかという軽い感じで始まりましたね。彼は目鼻立ちのキリッとしたイケメンで、身長は170センチ後半でした。私が当時から身長が165センチ以上あったので、背が高い人しか恋愛対象ではなかったんです。カッコよくて、身長も高くて、勉強もそこそこできるみたいだったし、一緒にいる機会が多かったのでまぁ付き合ってもいいかという感じでしたね。でも高校3年になって、塾などで忙しくなったこともあり別れました。彼に時間を使うのが面倒くさくなってしまったんで、私からお別れを言いました」

その後、都内の難関大学へ進学。順調は学校生活を送る中、誘われて行った合コンで運命の人に出会います。

「彼は別の有名大学に通う同い年の男性で、女性に慣れてなさそうなどこかパッとしない感じでした。でもいかに勉強を頑張って努力しているとか、合コンにはまったく相応しくない話をずっとする人で、その面白くない話の中から、実は努力家なところに興味を持ってしまったんです。

その後、私から連絡して2人で遊ぶようになり、何度かデートを重ねるうちに『付き合っちゃおう』とまた軽い感じで付き合いが始まりました。彼とはお互いが忙しいながらも順調に付き合いは続きました。私は実家だったんですが、彼は地方出身者で一人暮らしだったので彼の家に何かと理由をつけて入り浸っていました。本当はただ一緒に居たかっただけなんですが、私のほうが彼のことを好きになっているのはなんか嫌で、『明日学校が朝早いから』とか、『レポートが大変なので、実家にいるよりこっちのほうがはかどるから』とか理由をつけていましたね。素直じゃなかったんですよ」

彼との付き合いは卒業してからも続き、仕事を始めて3年が過ぎた頃、転機が訪れたそうです。

「彼からプロポーズがありました。すでに付き合いも6年ほど経っていたので、まぁいい時期だったと思います。彼は大手企業の研究職に勤めていて、私は旅行会社に勤めていました。収入も安定していたし、特に断る理由もなかったのでお互いが26歳の時に籍を入れました。結婚する1年前から一緒に暮らしていたので、特に暮らしが変化することはなかったですね。私はそのまま仕事を続けましたし、財布も別々にしてそこから生活費をお互い決められた額を1つの口座に入れることになっていました。

結婚生活も2人の間では特に変化はなかったんですが、姑が彼女だった頃とは比べものにならないくらい出てきて……。『孫はどうした』とプレッシャーがすごかったです……。子供は自然にできたらいいねという感じだったので特に意識していなかったんですが、あまりにできないことが不安になり、病院で調べたところ不妊症と診断されました。『妊娠はゼロではないが、非常にしにくい』と。そこまで子供が欲しいと思っていたタイプではなかったんですが、やっぱりショックでした。そしてそのことを隠さずに夫や姑に話して理解をしてもらったんですが、やっぱり家族間になにか壁のようなものができてしまって……。どんどん2人でいるのが、親戚の付き合いに参加するのがしんどくなってしまって、結局4年ほどの結婚生活で離婚に至りました。そこから2年、もう恋愛はいいと思っていた時にある男性に出会ったんです」

1度目の結婚は、彼に問題はなかったものの周りからの影響で離婚……。自身の経歴にバツがついたことを受け入れられない日々が、しばらく続いたそうです。

30歳でバツイチになり、恋愛を休んで2年。新しい出会いがあったものの、それはさらに辛い道になってしまいます……。その2に続きます。